暑い夏の夜、できるだけ快適に眠るコツは

いよいよ夏本番です。

暑い夏でも快適に眠るために、今夜からできる対策をいくつかご紹介しましょう。

部屋の温度は27℃から28℃に

寝苦しいのには、蒸し暑さである湿度の高さが原因のひとつとしてあげられます。

できるだけエアコンを使わずに眠ることがベストですが、寝ている間に熱中症になる「夜間熱中症」も恐ろしいもの。

お部屋の温度は27℃から28℃を目安に、蒸し暑い夜には除湿モードなどを使ってエアコンを上手に利用することも大切です。

エアコンの風は間接的に

エアコンを上手に利用するには、使い方にもコツがあります。

エアコンの風が直接当たると冷気が肌に直接当たり、体が冷えすぎてかえって質の悪い眠りの原因になることも。

また、お肌の乾燥や喉を痛める原因にもなってしまいます。

エアコンを上向きに設定して扇風機で風を循環させたり、1つのエアコンで2つの部屋を冷やすなど、
直接体に風を当てずにお部屋を冷やす工夫をしましょう。

ぬるめのお風呂でリラックス

夏はついシャワーで済ませてしまいがちですが、夏こそぬるめのお風呂にゆっくり浸かるのがおすすめ。

お風呂で体を温めると、体温が上がった状態から下がるときに心地よい眠りを誘ってくれる効果が。

さらにお風呂に入ると体も心も温まり、心身ともにリラックスすることでよりよい快眠につながります。

ユーカリやペパーミントなど、すっきりした香りのバスオイルを使うこともおすすめです。

クール寝具で肌触りサラサラ!

できるだけエアコンを使いたくないという方は、寝具を変えてみるのもひとつの手。

ひんやりした肌触りの麻素材や冷却マットなどは、夏の人気アイテムです。

ひんやり一押しはリネン

ひんやり一押しはリネン

リネンはしっかり汗を吸ってくれる&ひんやりした肌触りが魅力!

しっかり汗を吸い取ってくれるガーゼケットも人気です。

とろみのある肌触りは、お子さまも大喜び間違いありませんね。

特におすすめなのが、マイクロカプセルが繊維に組み込まれた「アウトラスト」と呼ばれる温度調整素材。

触れるお肌を一定温度帯に調節してくれる敷パットなので、夏は熱を吸収して温度を下げてくれます。

妊婦さんや小さなお子さま、お年寄りにもとても好評アイテムです!

暑い夏はアイテムを上手に活用して快眠を!

関連するまとめ

暮らしに香りを取り入れて、より心豊かな毎日を

金木犀の香りで秋の訪れを感じたり、すれ違う人からふわりと漂う香りにハッとしたり。 香りは私たちが想像している…

ぐっすり快眠!冬のお布団の選び方

すっかりふかふかのお布団が恋しい季節になりましたが、冬はどんなお布団を使っていますか? 今回は寒い冬でもぐっ…

ぷっくらかわいい!多肉植物の育て方の基本

肉厚な葉と愛らしいフォルムが人気の多肉植物。 見ているだけで心が和み癒されますね。 今回はオブジェのようでイ…

関連するキーワード