朝時間がおすすめの理由

目覚めたての脳内はとてもフレッシュな状態。
やる気スイッチである「ドーパミン」や「アドレナリン」が多く分泌し、集中力や思考力が一番高まるといわれているのが朝です。

資格取得のための勉強や趣味の時間、読書などは朝時間に行うのがぴったりといえるでしょう。

朝なかなか起きられないときは

だけど早起きがどうしても苦手…という方も多いかもしれません。
そんなとき、朝すっきり目覚めるおすすめの方法をご紹介します。

1.カーテンをあける

朝に太陽の光を浴びることは、体を目覚めさせるために大切なことのひとつです。

太陽の光は休んでいた体に活動指令を出し、活動モードへと切り替えてくれる作用があります。

無理なく朝時間を作るためにも、朝日をしっかり浴びましょう。

2.毎日決まった時間に起きる

曜日によって起きる時間が違うという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
起床時間がバラバラだと、体の中にある「体内時計」が少しずつずれていってしまいます。

眠りと目覚めのリズムを整えると、自然とその時間に目が覚めるようになり、すっきり起きることができます。

お休みの日でも、できる限り同じ時間に起きるようにしましょう。

3.朝食を楽しみにする

思い切って、自分の好きなものを朝食にひとつ用意するというのもひとつの手です。

眠くて起きられない朝も、大好きなフルーツやおいしいパンがあると思えば、
すっきり目覚めることができるかもしれません!

朝時間で一日を元気にスタートしよう

いかがでしたか?

一日の行動ややるべきことをまとめたり、仕事の企画などひらめきが必要なことも朝であればグッとはかどること間違いなしですね。

「勉強は朝の30分だけ」というように、あえて時間を制限してしまうのもより集中力がアップする秘訣かもしれません。

自分だけの素敵な朝時間を過ごしてみてくださいね。

関連するまとめ

もらってうれしい、贈ってうれしい。贈り物のちょっとしたマナー

大切な人へ、お世話になった方へ贈る贈り物。 自分の気持ちを贈る相手へしっかり届けることが大切です。 贈り物に…

手紙を書くことは誰かを想う時間

メールやSNSがあまりに身近すぎて、手紙を書くという行為自体が少しずつ遠ざかりつつある今日ですが、 どなたに…

重曹は家事の強ーい味方

家事に重曹を活用している方が増えているようです。 幅広い使いみちと環境へのやさしさが人気の重曹は、色々な家事…

関連するキーワード