お盆とは

お盆とは、夏に行われる日本古来の行事。

お盆には亡くなったご先祖様が家族のもとへ戻ってくると考えられています。


お盆の期間は、同じ日本でも地域によって大きな違いが。
7月に新暦で行う地域もありますが、一般的なのは8月13日~16日です。

お盆はどんなことをするの?

お盆ではまずご先祖様を迎える「迎え火」と、送る「送り火」という風習があります。

迎え火とは

13日の夕方または夜に、ご先祖様が迷わずに家族のもとへ帰れるよう火を焚くのが「迎え火」です。

お寺あるいはお墓へ提灯を持っていき、提灯に火を灯します。
その火を消さないよう持ち帰り、提灯の火を仏壇のろうそくにつけるといった風習です。

地域によってはお墓から家までの道のりに明かりを灯すところもありますが、
近年ではマンション暮らしの方も増えたことから、自宅で火を灯すなど簡素化されてきているようです。

送り火とは

16日は、ご先祖様方があの世へ戻る日。

「送り火」は、ご先祖様が道に迷わず無事に戻れるように送り出す火のことです。

精霊棚には何をお供えするの?

お盆の期間には「精霊棚」あるいは「盆棚」と呼ばれる棚を用意し、お供えするのが一般的です。

「精霊棚」には位牌やお盆の供物、ご先祖様が生前好きだったものなどをお供えします。

ナスときゅうりにオガラと呼ばれる木の棒のようなものを添え、牛馬に見立てたものを飾ります。

ご先祖様に感謝する気持ちが一番

今回は一般的なお盆の基本をご紹介しました。

地方によってもお盆の期間や風習、やり方は異なりますので古くからの風習を優先するのがよいでしょう。

風習を守ることはとても大切ですが、なにより大事なのはご先祖様に感謝する気持ちです。

普段なかなか帰省できないという方は、お盆にご家族と共にご先祖様をお迎えしてみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ

9月1日は防災の日

防災の日は関東大震災を教訓として、人々の防災意識を高めるために制定されました。 防災の日となったのにはどのよ…

人日の節句「七草粥」

あっという間に三が日が過ぎましたね。 1月7日は春の七草の入ったおかゆを食べて、無病息災を願います。 今回は…

寒さのピークを迎える「大寒」

1月も後半に入り、寒さも一段と厳しくなりました。 今日は二十四節気のひとつ「大寒(だいかん)」です。 大寒と…

関連するキーワード