お部屋をすっきり片づけてキレイに収納する3つのコツ!

1.いつか使うは捨てて、今使うものだけを残す

いつかは使えるかも…とモノを捨てられず大事にとっておく癖はないでしょうか?

モノを大切にする心はとても大事ですが、使い道が決まっていないうちからお部屋が散らかるほど残してしまうのは本末転倒。

今使っていないものは、ほぼ未来も使いません!
それくらい心を鬼にして、今使っているものだけを残しましょう。

使わないものは、できるだけどなたかに譲ったり、リサイクルに出すとよいですね。

2.定物定位は基本中の基本

モノにも定位置を決めてあげる「定物定位」は片づけの基本です。

置く場所が決められていれば、家族の誰もが分かっているということなのでモノを探す手間も省けます。

はさみとのり、ハンドクリームとリップクリームなど、同じジャンルのものは同じ場所にするとわかりやすいのでおすすめ。

お子さまのおもちゃを片づける際は、必ず一か所を指定してあげるのがポイントです。

3.収納ボックスは買い足しができるものを

収納ボックスは、壊れたり追加したい場合でも買い足しできるものを選びましょう。

その場で思いつきで購入した収納ケースをその都度使うと、使い勝手もサイズも大きく変わってしまいます。

収納場所を余分に取ってしまったり、結果として収納しきれなくなりお部屋にモノがあふれてしまうことにもなりかねません。

買い足しできるものを選べば、テイストも揃えられるのでおすすめです。

収納上手になればお部屋がすっきりきもちよく!

いかがでしたか?

出しっぱなしやとりあえず置いておこう、は早速禁止にしてしまいましょう。

いらないものを処分して、同じ収納ボックスを揃えてモノは定位置におく。
とてもシンプルですが、シンプルなことを継続することはなかなか難しいもの。

不要なモノを減らして、すっきりキレイなお部屋を目指しましょう!

関連するまとめ

秋風の呼び名、いくつご存知ですか?

だんだんと日が短くなり、夕方の空気や肌に当たる風に少しだけ切なさを感じる秋。 風といえば、日本には四季折々の…

もらってうれしい、贈ってうれしい。贈り物のちょっとしたマナー

大切な人へ、お世話になった方へ贈る贈り物。 自分の気持ちを贈る相手へしっかり届けることが大切です。 贈り物に…

お風呂は心も体も癒される!メリットいっぱい入浴のススメ

日本のお風呂文化といえば温泉、銭湯。日本人はお風呂が大好きですよね。 湯船につかって体を温めることは健康と美…

関連するキーワード