お子さまの七五三の服装選び

七五三で着るお子さまの装いはどんなものがふさわしいのでしょうか。

神社へ参拝にきているご家族の中には、スーツやドレス姿のお子さまも目立つようになりました。

慶びの日にふさわしい服装であれば和装・洋装どちらでも問題ないとされていますが、七五三は日本古来からの伝統行事です。

どちらにするか悩んだときは、普段は着る機会の少ない着物を選んでみませんか?

七五三に着る着物はどんなもの?

七五三に装うお子さまの着物を、年齢別でご紹介します。

3歳の女の子の着物

3歳のお祝いは、貴族間で行われていた髪を伸ばし始める「髪置きの儀」がもとになっています。

3歳では三つ身という背中に縫い目のない着物を着用し、帯を締めずに被布(ひふ)と呼ばれるベストのようなものを重ねるのが一般的です。

赤やピンクといった愛らしい色合いを選んであげるとお子さまもきっと喜んでくれるでしょう。

また、かつては男の子も「髪置きの儀」を行っていました。

現在は3歳のお祝いは女の子だけというスタイルが主流ですが、地域によっては男の子も3歳で行うところも。

男の子が3歳でお祝いするのはどうなんだろう…とお悩みの方もいるかもしれませんが、七五三はお子さまの成長に感謝するもの。

形式だけにこだわらず、お祝いする気持ちが一番大切といえるでしょう。

5歳の男の子の着物

男の子の5歳のお祝いの始まりは、袴を初めて身に着ける「袴着の儀」です。

5歳の男の子は、紋付羽織の袴姿が一般的。

色は黒や紺・青などさまざまで、鷹や兜といった柄裄が人気です。
幼さの中にも勇ましく男の子らしいお姿に、ご両親の感激もひとしおでしょう。

7歳の女の子の着物

「帯解きの儀」がもととなっているのが、7歳のお祝いです。

「帯解きの儀」とは、今まで着けていた着物のひもを解いて初めて帯を締めるという女の子の儀式のこと。

四つ身または本裁ちの着物を肩上げし、帯を結んで扇子を身に付けます。

七五三はぜひとも伝統ある着物で

お子さまにまつわる行事の中でも、七五三は特に大切にするご家族が増えています。

その時にしか残せないお子さまのお姿、ぜひとも日本の伝統文化である着物で素敵な一日をお過ごしください。

きっと一生の記念になることでしょう。

関連するまとめ

冬こそチャンス!着物の虫干し

大切な着物や帯、どのように保管されていますか? 湿気は着物の大敵、タンスにしまいっぱなしでは大切な着物が傷ん…

よそゆきからカジュアルまで!小紋はとっても便利な着物

小紋はお食事会や観劇、お稽古など幅広いシーンで大活躍する着物。 今回は、TPOに応じて幅広く活用できる小紋に…

最上のお祝いを装いに。黒留袖の基本とマナー

既婚女性の正装である黒留袖。 限られた立場とシーンでしか着用できない特別な装いです。 黒留袖の基本と、着こな…

関連するキーワード