秋にぴったりなお布団の選び方

秋とはいえ、気候が変わりやすくなかなか安定しないもの。

寝るときには蒸し暑くても意外と朝方は涼しくなるなど、気温差が激しいので体調も崩しやすい頃です。
そんな季節の変わり目にぴったりな寝具の選び方をご紹介します。

1.ガーゼケットは秋にぴったり

夏は薄いタオルケット一枚で寝ていたという方も、秋は少し厚めのものを用意しましょう。
おすすめは、ガーゼが何層も重なっている多重のガーゼケット。
何枚も重ねてあるので薄すぎず、毛布のように厚すぎないので秋口には一枚で使えて便利。

ガーゼ素材なので通気性もよく、季節の変わり目にぴったりです。
もう少し肌寒くなったら薄手のお布団にあわせて使ってもよいでしょう。

2.気軽にお洗濯ができるものを

秋は気温差が激しいので、眠っていてもまだまだ汗をかくものです。
汗で繁殖した菌のお布団は、そのままだとダニの発生の原因になってしまいます。

最近ではアレルギー対策、花粉対策、ダニ対策として洗える布団を基準に選ぶ方が増えてきているそう。
タオルケットやガーゼケット、掛け布団などは、軽くてお洗濯がご家庭で手軽にできるものを選びましょう。

3.肌触りを重視

秋は、気候の変化などにより敏感肌になりやすい季節といわれてます。

さらに秋花粉に悩まされている人も多いので、直接お肌に触れるシーツや毛布類は肌触りがよくオーガニックなどのお肌にやさしいものがベスト。
特に小さなお子さまのいるご家庭は、お肌へのやさしさは大事なポイントです。

とろけるような気持ちの良い肌触りは、秋の夜長が楽しみになること間違いないですね。

寝具も季節とともに見直そう

質の高い睡眠を得るためには、寝具も季節に応じて変化させることが大切。
特に気温差の激しい秋は、体調を崩してしまう方が増える時期です。
秋が深まり涼しくなる前に、余裕を持って秋の寝具を準備しましょう!

関連するまとめ

冬の衣更えは済みましたか?冬物収納のポイントとは

本格的な衣更えが必要と感じる今日この頃ですね。 コートやジャケットはもう出しましたか? まだという方、冬物を…

故郷を想わせる懐かしさ、そばがら枕の魅力とは

古くより日本人に親しまれているそばがら枕。天然素材を使った硬めのそばがら枕は、これでなくては眠れないといった…

家族の幸せを願う、日本の年中行事

新年明けましておめでとうございます! 皆さまお正月は穏やかに過ごされましたでしょうか? 日本の暮らしも今年も…

関連するキーワード