お月見とは?

お月見は旧暦の8月15日に行われる「十五夜」のことで、月を鑑賞する行事です。

旧暦の8月は空が澄んでいて最も美しいとされています。
秋は空気が乾燥しているため水蒸気量が比較的少なく、月がくっきりと美しくみえることから月の鑑賞に最適な時期。

お月見は十五夜のほか「中秋の名月」や地方によっては「芋名月」などと呼ばれ、秋の夜長をゆったりと楽しむ日本人らしい行事のひとつかもしれません。

お月見の由来は?

お月見は、奈良時代から平安時代ごろ中国から伝わった風習です。

当時はお供えなどもなく、貴族たちが月を愛でながら宴を行っておりました。

庶民に広まっていったのは江戸時代のこと。
秋は収穫の時期でもあることから、お供えをして収穫に感謝し豊作を祈るという意味が込められた行事となりました。

また、昔は月明りの中で農作物の収穫を行っていたことから、月に感謝をするための行事であるともいわれています。

お月見の日はなぜ毎年変わるの?

お月見をする日は毎年変動しますが、その理由をご存知でしょうか。

現在のお月見は、毎年9月の中旬~10月上旬にあたります。
もともとお月見は、月の満ち欠けが基準であった旧暦で決められていました。

旧暦は現在の太陽暦とは数え方が全く異なるため、現在の太陽暦に当てはめて考えるとどうしても毎年ズレが生じます。
お月見の日にちが毎年一定しないのには、このような理由があったのです。

お月見をご家庭で気軽に楽しもう!

お月見のアイテムといえば、お団子とススキ。

お供えといっても特別な準備をせずに、この2つを用意するだけでも十分お月見気分を味わえます。

豊作祈願や収穫の感謝としてかつてお供えされていた月見団子。
購入するのももちろんよいですが、せっかくであれば手作りしてみませんか?

ススキをインテリアとしてさりげなく

かつては、お供えしたススキを家の軒に吊るしておくと、一年間健康で暮らせるという言い伝えがありました。

現代では住宅事情も変わり、風習は簡略化されることが多くなりましたが、インテリアとしてお部屋にススキを飾るのもおすすめ。

ススキは和室だけでなく、洋室に飾るとモダンな中にもオリエンタルな雰囲気が加わってとても素敵です。

玄関に、そしてリビングにさりげなく秋を添えてみてはいかがでしょうか。

秋の夜長はゆるりと月を楽しんで

今年2017年の十五夜(中秋の名月)は例年よりも若干遅めの10月4日です。
残暑がすっかり一段落し、空気や風にひんやりとした空気を多く感じる頃。
澄んだ夜空に月を見上げて、のんびりとお月見を楽しみましょう。

関連するまとめ

12月8日は「事納め」と「事始め」

最近はあまり馴染みがなくなってしまいましたが、今日12月8日は「事納め」あるいは「事始め」の日。 古来からの…

秋が深まり、初霜が静かに降りる頃「霜降」

朝晩は冬を思わせる寒さに、お布団からなかなか出られなくなりました。 10月23日は二十四節気では「霜降(そう…

秋を満喫したい、寒露の頃の過ごし方

二十四節気のひとつである「寒露」。秋分から数えて15日目頃のことを指します。 大気の状態が安定し、秋晴れが増…

関連するキーワード