重陽の節句とは?

中国の陰陽思想では、あらゆるものは「陰」と「陽」というエネルギーで成り立っているという考えが存在しました。

数字の奇数を中国では「陽」とし、特に1月1日・3月3日・5月5日・7月7日・9月9日は「陽」が重なる日なのでとてもおめでたい日とされてきたそう。
これらの日を節句として盛大にお祝いするという風習が、ゆくゆく日本にも伝わるようになりました。

江戸時代の初期に、江戸幕府によりいくつかの節句のうちの5つが「五節句」として公式な式日に。
しかし1月1日の元日だけは特別なものであるとし、代わりに1月7日を節句として取り入れるようになったそうです。

よく考えてみたら、1桁の奇数月のゾロ目になる日は全て節句になっているのですね!

五節句って何?

江戸幕府により定められ、公式な式日となった五節句をご紹介します。

1月7日 人日の節句(七草の節句)

七草粥を食べる日といえばこの日ですね。
七草は、日本と中国の風習が結びついたものといわれており、邪気を祓い無病息災を祈ります。

3月3日 上巳の節句(桃の節句)

江戸時代以降「ひなまつり」として庶民の間に定着したのが「上巳の節句」。
桃の花や白酒、ひし餅とともに女児の成長をお祝いし、願う日です。

5月5日 端午の節句(菖蒲の節句)

こいのぼり、柏餅といったら「端午の節句」。
男児の成長をお祝いし、願う日です。
1948年に「こどもの日」と制定され、1949年より国民の祝日となりました。

7月7日 七夕の節句(七夕)

誰もが知っている、おり姫とひこ星のロマンチックな伝説が有名な七夕です。
笹竹に願い事を書いた短冊を飾ります。

9月9日 重陽の節句(菊の節句)

1桁の中で一番大きな数字である「9」は陽の中でも最高であると考えられていました。

9月9日は「陽」が2つ重なった日なので「重陽」と名付けられたそう。

旧暦では菊の季節であったことから「菊の節句」とも呼ばれ、不老長寿を願う日とされています。

重陽の節句はどうやって過ごすの?

今となってはすっかり影が薄くなってしまった重陽の節句ですが、どのように過ごすのがよいのでしょうか。

別名「菊の節句」であることから、かつては菊を飾ったり、菊酒を飲むなどされてきました。

薬効や邪気を祓う効果があるとされていた菊ですので、菊の花のおひたしやお吸い物もよいかもしれません。

手軽に節句を楽しむのであれば、菊の柄の入った和食器を使ったり、菊をイメージした黄色ベースのテーブルクロスを使って演出するのもおすすめです!

重陽の節句は別名、「栗の節句」

関連するまとめ

平和に感謝し、日本の文化を大事にする「文化の日」

毎年11月3日は文化の日。 お仕事や学校がお休みという方にはとてもありがたい祝日ですが、この文化の日にはどん…

日本の風習がたくさん詰まった「小正月」

お正月もあっという間に終わり、早くも2017年が始動し出しましたね。 ところで元旦を中心とした正月を「大正月…

秋を満喫したい、寒露の頃の過ごし方

二十四節気のひとつである「寒露」。秋分から数えて15日目頃のことを指します。 大気の状態が安定し、秋晴れが増…

関連するキーワード