黒留袖とは

黒留袖は、既婚女性の第一礼装です。

着物にはさまざまな格付けが存在しますが、オシャレのための着物というよりは格式を重んじた装いであるのが黒留袖。

黒留袖は結婚式で新郎新婦の母親や仲人、親戚が着用するのが一般的です。
お客様をお迎えする立場である新郎新婦の両親は、装いを最も格式高いものにすることで最上級のおもてなしをするという意味が込められています。

留袖の由来は

かつて振袖を着用していた若い女性が、結婚後は袖を縫い留めて短くする習慣があり、その着物を「留袖」と呼んでいたそうです。

次第に既婚女性の着物となり、のちに正装として黒染め裾模様に五つ紋の入った現在の留袖の形になったといわれています。

柄の種類と特徴

黒留袖は上半身に柄がなく、裾だけに絵羽模様が入っているのが特徴。
柄は、鶴亀や鳳凰といったおめでたい柄が優美に描かれています。

背紋、両袖の外側に各1つずつの袖紋、両胸に各1つずつの抱き紋、の計5つの染め抜きの家紋が入ります。

若い年代の方が着る際は柄は全体的に入って華やかなものを、ご年配の方は裾に上品に入った落ち着いた柄ゆきがよいでしょう。

黒留袖を着るときのマナーを知ろう

非常に格式高く気品あふれる黒留袖、着用には基本マナーを知っておくことが大切です。

着用は新郎新婦との関係性が大切

黒留袖は最も格が高いからと、既婚女性であればだれでも着ることができるわけではありません。
主催者側である親族はお客様へ礼を尽くす気持ちを表すためにも、黒留袖は新郎新婦の母親や仲人が着るのに適しているといえるでしょう。

しかし、ゲストとしての友人の立場であれば、黒留袖は格が高すぎるのでふさわしくありません。
最上級の装いをしてくださる親族の気持ちを大切にする意味でも、ゲストは格を上回らないようにするのがマナー。

未婚女性は振袖、既婚女性であれば訪問着や付け下げがよいでしょう。

結婚式で着用する際は両家の格を揃える

結婚式で新郎新婦の母親が黒留袖を着用する際は、両家の装いの格を揃えることが大切です。

結婚式は両家の親がゲストの前に並ぶシーンも多いため、事前に打ち合わせをして和装・洋装を統一するとよいでしょう。
母親同士が和装であれば、黒留袖で揃えたほうが無難かもしれませんね。

慶び溢れるハレの日には黒留袖を

今回は、黒留袖の基本とマナーについておはなししました。

黒留袖の持つ厳粛さは、結婚式というハレの日に最もふさわしく、なによりも幸せを願う親心を感じさせ感慨深いです。

主役である花嫁を引き立てつつ、傍で静かに見守る黒留袖。
いつか、機会があったら着てみたいと思う母心でありました。

関連するまとめ

冬こそチャンス!着物の虫干し

大切な着物や帯、どのように保管されていますか? 湿気は着物の大敵、タンスにしまいっぱなしでは大切な着物が傷ん…

よそゆきからカジュアルまで!小紋はとっても便利な着物

小紋はお食事会や観劇、お稽古など幅広いシーンで大活躍する着物。 今回は、TPOに応じて幅広く活用できる小紋に…

七五三のお子さまの服装は、着物を選んでみませんか?

お子さまの成長の節目をお祝いする行事が七五三。 男の子は5歳、女の子は3歳と7歳に行うのが一般的です。 一生…

関連するキーワード