宮崎の郷土料理「冷や汁」はどんな料理?

宮崎の郷土料理として有名な「冷や汁」。
地域によっては「ひやしる」と発音するそうです。

冷や汁は焼いた魚をほぐし、炙ったお味噌やすりごまを合わせてだし汁でのばして豆腐やみょうが・きゅうりなどを加え、氷で冷たく冷やしたもの。
麦飯にかけてさらさらといただくのが定番スタイルです。

非常にのど越しがよく、夏にお味噌汁はあまり食べる気がしないな…という方でも冷や汁ならどんどん食べられてしまうはず。
たっぷりと入った薬味がアクセントになって、何杯でもおかわりしたくなりそうです。

冷や汁が宮崎の郷土料理になったワケ

古くは鎌倉時代の「鎌倉管領家記録」という書に、冷や汁のことが記されています。

実はこの冷や汁という料理、山形県や埼玉県にも全く同じ名前の料理が存在しますが、
宮崎県の冷や汁が「鎌倉管領家記録」に書かれているものに最も近いのだとか。

また夏の暑さが厳しい宮崎県という土地柄が冷や汁が広まるのに十分適していたことから、冷や汁イコール宮崎の料理として定着したようです。

冷や汁の作り方はひとつじゃない!?

冷や汁は各家庭により作り方や材料は全く異なるそうで、統一された完全なるレシピというものは存在しないようです。

その土地や各ご家庭でそれぞれアレンジを加えるので、まさに家庭の味・おふくろの味といえるかもしれません。

今回は2つのレシピをご紹介しますので、参考にしながら自分だけの冷や汁をつくってみませんか?

使う魚はあじやとびうお・かますなどが一般的です。
焼き魚を用意するのが少し手間だな…と思った方は、だし汁にいりこだしを使ってみてください。
地元の方には手抜きと叱られてしまうかもしれませんが、手軽で簡単、しっかりお魚のお味がきいておすすめです。

ゴマだけは忘れずに用意してくださいね!ゴマの風味と香ばしさが冷や汁のおいしさをぐっと引き立ててくれます。

冷や汁のアレンジ力は幅広い!ぜひともオリジナルレシピを

冷や汁は応用力がきわめて抜群な料理。

作った冷や汁はご飯にかけるだけではなく、そうめんにかけたり、つけうどんにしたり。
お魚のかわりにツナ缶やサバ缶を使えば、忙しいお母さんの強ーい味方になります。

すったニンニクをちょっとだけ加えてスタミナアップもよいですし、豆乳などを加えてまろやかにしてもおいしそうですね。

夏休み中のお昼ごはん、そろそろメニューにお困りの方も多いかもしれません。
定番レシピを参考に、ぜひともオリジナルのレシピをつくってみてください!

関連するまとめ

風邪の季節の必需品!しょうがで体の中からポカポカを目指そう

寒い冬は気温がぐんぐん下がり空気も乾燥します。特にこの時期は一年の緊張が一気に解けて風邪をひいてしまう方も多…

旬をいただこう!~長月(9月)編~

いよいよ9月。 まだまだ暑さが残っているものの、ふとした風に秋を感じる頃。 9月は食欲の秋と呼ばれ、たくさん…

あふれる和の香り。日本人が愛す冬の柑橘「柚子」

2016年12月21日の今日は冬至ですね。柚子の準備はもうされましたか? 柚子は日本人が大好きな香りといって…

関連するキーワード