1.自律神経が整う

自律神経は、交感神経と副交感神経の2つから成り立っています。
交感神経は運動している時や興奮状態にある時に優位になり、心臓の鼓動が早くなり血圧が上昇。
緊張すると胸がドキドキするのは、まさに交感神経が働いている状態です。

逆に、副交感神経は就寝前など体がゆったりしている時に優位になりますが、深呼吸は交感神経を抑えて副交感神経の働きを強くしてくれる効果が。

副交感神経が優位になると血流がスムーズになり筋肉が弛緩、リラックスにつながり自律神経の乱れを整えることができるのです。

自律神経が正常に働けば細胞が活性化され、免疫力のアップも期待できるでしょう。

2.代謝がアップする

耳を疑ってしまいそうですが、深呼吸はダイエットにも効果があるといわれています。

ダイエットに代謝アップが欠かせないのは基礎代謝量が多いほど体に脂肪が蓄積されにくくなるからなのですが、深呼吸はまさに代謝を上げる効果が。
深呼吸をすることで全身の細胞に酸素が行き渡り、脂肪が燃焼しやすい体へと導いてくれます。

同時に血行もよくなることから、冷えの予防や緩和につながるという嬉しいメリットも持っているのです。

3.便秘改善にも効果あり!

深呼吸はいわゆる腹式呼吸なので、腸の働きが活発になり便秘の解消に役立ちます。
筋肉の収縮により腸内が刺激され、スムーズな排便を促すという仕組みです。

朝目覚めたらまずは深呼吸を毎日の習慣にするとよいかもしれませんね。

深呼吸を上手に行うコツは

深呼吸のコツは、意識的にゆっくり深ーい呼吸をすること。
鼻から深く息を吸ったあと、口からできるだけ長くゆっくりと吐き出します。

慣れるまではお腹に手を当てて、お腹のふくらみを意識するとよいでしょう。

忙しい毎日、ひと息の深呼吸を習慣に

一息つきたいけれど休む時間が取れない…
そんなヘトヘトな時こそ作業の手を止めて、1分間深呼吸を取り入れてみてください。
短時間でも頭がクールダウンできて、リフレッシュにつながります。

寝つきがよくないと感じる夜には、眠る前の深呼吸もおススメです。

私たちの体にたくさんのよいことを引き寄せてくれる深呼吸、オフィスでも外出先でも気軽にできるのがよいところ。

深呼吸を毎日のちいさな習慣として加えてみてください!

関連するまとめ

発酵食品のパワーで、今年の冬は乾燥知らず

冬のお悩みのひとつである乾燥肌。冬だから仕方がないと諦めてしまいがちですが、普段どのような対策をされています…

万病のもとである「冷え」から体を守ろう!

11月も半ばに近づき、寒さが本格的になってきましたね。 最近では女性だけでなく男性も含め、冷えでお悩みの方が…

つげの櫛で毎日の髪のお手入れを

お相撲さんの髪結いや舞妓さんにも使われているという、つげの櫛。 つげの櫛は髪の毛にとってたくさんのメリットが…

関連するキーワード