長袖を準備しながらワードローブの見直しを

これからは日によって気温差が激しくなるので、9月に入ったタイミングで一度長袖の準備を。
ワードローブは、残暑にも対応できるように夏物と秋物半分ずつくらいを目安にします。
秋は新しいアイテムを買い足したくなりますが、お買い物の前にこの見直しをしておくとよいでしょう。

手持ちアイテムの数と状態の確認

お手持ちのシャツやカーディガン・ジャケットなどを出してみて、何をいくつ持っているかワードローブの再確認をしましょう。
ボタンが取れていないか・ほつれがないかどうかなど、傷みの状態も同時にチェックしておきます。

不要なアイテムを処分する

次に、必要なものとそうでないものを見直してみます。

ワンシーズン一度も袖を通さなかったアイテムは、これからも着る機会はほとんどないと考えてよいかもしれません。
高価だったものは手放すのに少し勇気がいりますが、選別のコツは今の自分にとっての価値で考えること。
今後着ることがないと判断したものは、リサイクルやオークションなどを利用して譲るとよいですね。

収納するものは汚れと湿気をしっかりとってから

夏本番しか着られない柄や薄い素材、夏仕様のサンダルなどは9月を境にしまいましょう。
収納する際は必ず湿気をとり、乾燥させることがポイント。

サンダルは硬く絞った濡れタオルで汚れをふき取り、一日陰干しを。
乾燥材をいれて湿気のすくない場所での保管がベストです。

衣類は、一度着用したものは見た目で汚れていなくても必ず洗ってから収納します。

汚れがないようにみえても繊維に染み込んだ汗はしっかりと残っているもの。
そのままにしておくと、時間の経過とともに黄ばみの原因に。

ご家庭で洗う場合は事前に洗濯表示の確認をし、汚れが著しいものや縮み・形くずれが気になるアイテムはクリーニングでプロにお任せしましょう。

衣替えのついでにクローゼットも風通し

クローゼットは湿気が溜まりやすく、カビやダニ・結露の原因をつくってしまいます。
衣替えは、クローゼットの風通しができる絶好のチャンス。
扇風機などを使ってしっかり風を入れてあげるとよいですね。

クローゼットは衣類を詰め込まず常に余裕がある状態にしておけば、取り出しやすく風通しもよくなり一石二鳥です!

夏に活躍してくれた服はキレイにして来年まで大切に

この夏たくさん活躍してくれた洋服や靴は、汚れを落としキレイな状態にしておきましょう。
そして来年もよろしくの気持ちを込めて、大切に収納を。

いよいよ9月に入ります。
夏仕様のクローゼットを、少しずつ秋色に変えていきましょう!

関連するまとめ

寝苦しい夜にさよなら! ぐっすり快眠のためのいろいろ!

年々、夏が暑くなってきています。 寝苦しくて夜中に何度も目が覚めてしまう…そんな方のためにちょっとしたコツを…

ぐっすり快眠!冬のお布団の選び方

すっかりふかふかのお布団が恋しい季節になりましたが、冬はどんなお布団を使っていますか? 今回は寒い冬でもぐっ…

秋の寝具、選び方のポイントは

暑い夏が終わると、いよいよ秋ですね。 衣更えをするように、寝具も季節に応じて少しずつチェンジしていきましょう…

関連するキーワード