熨斗の意味を知ろう

熨斗とは、熨斗紙や祝儀袋の右上についている飾りのこと。
黄色い紙を六角形の紅白の色紙で包んだ形をしています。

かつて日本では新鮮な海の幸や山の幸を神様へ捧げる風習がありました。
その中でも「あわび」は長寿をもたらすといわれ、お祝いには欠かせない尊いものとされていたようです。

そして昔の人は贈り物をする際、神への捧げものと同じようにあわびとお酒を一緒に贈ったそう。
あわびを薄くのして干したものを贈り物の右上へ貼り、寿命や幸せが引き伸びていくようにといった願いを込めて熨斗鮑が誕生したといわれています。

今では熨斗紙を「熨斗」と総称して呼ぶことがほとんどですが、正式には「熨斗」とはあくまで右上の部分のことですので知識として覚えておくとよいですね。

心づけやお年玉を渡す際に使うポチ袋にも熨斗が入っています。

中には本物のあわびが添えられた最上級のご祝儀袋も存在しますが、現在では熨斗鮑のモチーフや印刷という形で簡略化されるようになりました。

しかし、贈答の心を示す熨斗鮑は形を変えつつも今もなお日本の習慣として長く大切に続いているのです。

熨斗を使用する際に気をつけるべきこと

お祝いのかけ紙を「熨斗紙」・金封を「熨斗袋」と呼ぶように、熨斗はお祝いに使われるものです。

贈り物で熨斗を使う際にタブーとされることをまとめました。

弔事全般

弔事では殺生を避けることから、熨斗を使わないのが一般的です。
また、喪中の相手への贈り物では熨斗や紅白の水引は避け、白短冊や無地の熨斗紙を使いましょう。

生ものを贈るとき

熨斗自体が生ものの代用であることから、魚介類やお肉・果物といった生鮮品に熨斗は使われません。

病気や災害のお見舞い

延ばさないように、という意味からも病気や災害のお見舞いには熨斗は使われません。
快気祝いは使用してOKです。

大切なお祝いの贈り物には熨斗を忘れずに

私たちの生活ですっかり身近になった今、熨斗の由来や意味を知らずに使っていたという方も多いかもしれません。

熨斗は長い歴史の中で伝承されてきた大切な習慣のひとつ。
簡略化されたとはいえ日本人の思いやりや心遣いが伝わり、知れば知るほど日本の習慣は本当に奥が深いなと感じます。

お祝い事の贈り物には欠かせない熨斗、マナーを守ってこれからも大切にしていきたいですね。

関連するまとめ

年始に想いを届ける「年賀状」

お正月といえば年賀状。まさに今準備真っ最中という方も多いかもしれませんね。 スマートフォンやタブレットの普及…

喪服の種類と格式について知っておこう

人生には必ず悲しいお別れがやってくるもの。 訃報を受けた時、自分の立場や出席する場面によって装いのルールが異…

しきたりのひとつ、喪中ハガキの基本マナー

11月に入り、いよいよ年末まであと2か月となりました。 世間では年末年始に関する話題を徐々に耳にする頃でもあ…

関連するキーワード