抹茶とは

抹茶とは、抹茶にする前の茶葉である甜茶(てんちゃ)を茶臼で粉状に引いたもの。
茶道の席で和菓子とともに飲まれるだけでなく、料理やスイーツに幅広く使用されています。

注目すべきは抹茶の持つ栄養価。
抹茶には私たちの健康に欠かせない栄養素がたくさん含まれています。

お湯で煎じて飲む緑茶に比べ、抹茶は茶葉が粉状になっているので体内にまるごと栄養を取り入れることができるスグレモノなのです。

抹茶に含まれる「カテキン」がすごい!

抹茶はビタミンやミネラル・食物繊維などを含む栄養価の高い抹茶ですが、特に注目したいのが「カテキン」という成分。

お茶の渋みや苦みのもとであり、ポリフェノールの一種のカテキンにはここに書ききれないほどの驚くべき効果が隠されているのです。

抗酸化作用がバツグン

抹茶に豊富に含まれているカテキンは、抗酸化作用がバツグン。
ストレスや紫外線・喫煙などにより増加する活性酸素を抑え、生活習慣病の予防に役立つといわれています。

老化の原因にもなってしまう活性酸素が抑えられることで、美容効果も期待できるでしょう。

脂肪吸収を抑え、体脂肪を燃焼させてくれる

抹茶に含まれるカテキンには、食事で摂った糖分や脂肪分の吸収を抑える効果や体脂肪を燃焼させる働きがあります。
さらにカフェインも含まれているのでエネルギーの消費を促す作用も。

抹茶は肥満予防やダイエットのサポートに非常に効果的といえるでしょう。

虫歯や口臭の予防にも

カテキンの抗菌・殺菌力は虫歯や口臭予防にも効果が期待できます。
食後に一杯抹茶を飲むことで、口内環境を整える手助けに。

また、風邪をひいたときにお茶うがいをするとよいといわれているのはカテキンの殺菌力効果を利用したもの。
単に言い伝えなどではなく、とても理にかなっている方法なのですね。

抹茶のおいしい飲み方をご紹介!

これだけの豊富な栄養価を持つ抹茶。
細かい作法はこの際気にせず、自己流でおいしく楽しく飲むことが一番!

本格的なお茶道具はたくさん存在しますが、ご自宅で気軽にいただく時には必要最低限のものだけで十分です。

準備するものは茶碗と茶せん、そして抹茶とお湯。
茶碗は抹茶用があればベストですが、なければカフェオレボウルでもおいしくいただけます。

抹茶の点て方

1.茶碗にお湯を入れて茶せんでかき混ぜましょう。お茶碗が温まると同時に茶せんの穂先がやわらかくなります。

2.お湯を捨てて茶碗の水分をふきんでふき取ります。抹茶はティースプーン軽めの1杯を目安に入れましょう。
この際、茶こしで抹茶をふるっておくとダマになりにくくなります。

3.一度沸騰したあと80度くらいまで冷ましたお湯を100㏄(約コップ半分)注ぎ入れ、茶せんで混ぜます。
コツは「M」の字を書くように素早く動かすことです。

関連するまとめ

切なさ、はかなさを歌に込めた日本の古典詩「和歌」

短歌形式の古典詩である「和歌」。私たちになじみ深いのは百人一首かもしれませんね。 もともと和歌といえば長歌や…

作法やルールにとらわれない。気軽に始めるはじめての写経

写経とは仏教の経文を書き写すこと。かつては経典を広めるために行われていました。 現代では写経のできるカフェや…

何故、いま「そろばん」教育が必要なのか?

一昔前の日本では馴染みの深かった習い事「そろばん」。今ではランドセルにそろばんを入れて通学する小学生の姿も見…

関連するキーワード