和紙とは

和紙とは、「紙すき」と呼ばれる日本古来の製法でつくられる紙のこと。

紙すきの代表的な技法は、トロロアオイの根やノリウツギの内皮などから抽出した透明の粘剤を紙料に混ぜる「流しずき」と呼ばれるものです。

流しずきの多くには簀(す)と桁(けた)という道具が使われ、桁を水平にして前後左右に細かく揺り動かしながら紙を漉いていきます。

和紙づくりは職人の熟練した技術で引き継がれている、日本を誇る伝統工芸のひとつといえるでしょう。

和紙の歴史

和紙の製法である紙すきの技術は、飛鳥時代に高句麗の僧により日本へ伝わりました。
当時の紙は強度が低く、さらに文字が書きにくかったそうで現代のように実用的ではなかったといわれています。

それ以降、より質の良い紙をつくるためにさまざまな工夫が行われ、紙すきの技術が日本国内に広まったそうです。

和紙の原料は

和紙の代表的な材料は、楮(こうぞ)・雁皮(がんぴ)・三椏(みつまた)と呼ばれる植物です。
なかでも楮は日本中にあり栽培がしやすいことから和紙原料として一番ポピュラーで、書道用の半紙や版画用紙といった生活用品の多くに楮が使われているそう。

和紙づくりの産地として有名なのが福井県にある「越前」や岐阜県の「美濃」、高知県の「土佐」で日本三大産地と呼ばれています。

機能性も抜群!和紙の持つ魅力とは

和紙の柔らかい手触りと独特のやさしい色合いは、和紙の持つ最大の魅力。
それだけでなく、和紙には優れた機能性がたくさんあるのです。

耐久性が高い

和紙の原料には繊維の長い靭皮繊維が使われているため、耐久性に非常に優れているという特徴を持っています。
手で大切にすいて作られることから繊維が壊されることなく、自然のままの丈夫さを保持。

「和紙は1000年の寿命を持つ」という言葉があるくらい、和紙は強度としなやかさを誇っています。

空気を通してくれる

和紙は植物の繊維が絡み合い空気の層を含んだつくりになっているので、目に見えないすき間があり、そこから空気や光を通します。

やわらかい光や空気感までもがやさしく届くので、障子紙やちょうちんに和紙が用いられるのにも納得ですね。

自然素材でリサイクル可能

和紙は自然素材からつくられているので、自然へ還すことができます。
表情が一枚一枚違うのも、ナチュラルな原料だからこそ。

見ているだけで心がホッと和む独特の温かみは、他の紙には真似できないでしょう。

毎日の暮らしに和紙を取り入れよう

質感や風合いの良さだけでなくたくさんの機能性を持った和紙は、無地のものから千代紙のような和柄のものまで種類も豊富。
インテリアや生活雑貨にとさまざまなアレンジで私たちの暮らしに取り入れることができます。

そんな魅力あふれる和紙にはどんな楽しみ方があるのでしょうか。

関連するまとめ

伝統芸能、能楽を楽しもう

能・狂言は室町時代より絶えることなく伝えられてきた伝統芸能。 能と狂言ふたつを合わせ「能楽」と呼んでいます。…

創造する楽しみと喜びを。陶芸の魅力とは

粘土を成形し、高温で焼成して作る陶芸は、大量生産されるものとは全く違った手触りや味わいを持っています。 一度…

創立50周年を迎えた民族歌舞団「荒馬座」

和太鼓の高鳴り、和笛の音色。 日本人なら誰もが心動かされる瞬間ではないでしょうか。 今回は首都圏で唯一の歌舞…

関連するキーワード