小紋とは

小紋とは、型染めという技法により全体的に同じ模様が繰り返し描かれている着物のこと。

一見すると訪問着に似ていますが、訪問着が大きく1枚の絵柄になっているのに対して、小紋は上下方向関係なく全体的に小さな模様が入っているので全身をみればすぐに見分けがつきます。

格は基本的に普段着という位置づけで、洋服に例えるとワンピースをイメージするとわかりやすいでしょう。
結婚式などフォーマルなシーンには不向きですが、柄次第ではよそゆきからおしゃれまで幅広く使える万能な着物なのです。

小紋は柄や帯で着こなしの幅が広がる!

小紋は柄やあわせる帯を変えることで着こなしの幅がぐんと広がります。
改まった席で着る場合、そしてカジュアルに着る場合、それぞれのシーンによる着こなしのポイントをご紹介しましょう。

改まった席で着る場合

改まった席で着る小紋は、伝統的な古典柄の飛び柄小紋がぴったり。
あわせる帯は金糸が使われた織りの名古屋帯を選ぶと、よりふさわしい装いになります。

小物は白半衿、白足袋で草履はエナメルやパール加工がよいでしょう。

カジュアルに着る場合

カジュアルな普段着として着る場合は、かしこまらずに遊びをきかせた柄を選んではいかがでしょうか。

ポップな柄や幾何学模様・縞模様などお好きな柄を選びましょう。
細帯とも呼ばれる半幅帯や名古屋帯をあわせ、柄同士を組み合わせたりトーンを合わせたりと小紋と帯のコーディネートが自由に楽しめます。
足元は礼装用ではなく、色柄足袋や下駄などで個性を出すのも小紋ならではのおもしろさといえるでしょう。

江戸小紋とは?小紋とは別物?

江戸小紋という着物をご存知でしょうか。

江戸小紋は普通の小紋よりも格式の高い、一色で染め抜いた着物のことです。
一見無地に見えるほどの細かな柄を型紙で染めており、細かければ細かいほど格が高く、型紙を彫るのも染めるのもとても難しいといわれています。

細かな柄を染める技術は、熟練した腕前を持つ職人たちによって昔から培われてきたもので、まさに日本の伝統工芸と呼べるにふさわしい着物。

江戸小紋は気軽なおでかけには名古屋帯、フォーマルには袋帯を合わせて…と幅広く楽しめます。

写真は「鮫小紋」と呼ばれる、代表的な小紋柄のひとつです。
鮫の肌のように見えることからつけられた名前だそう。
半円型の曲線が幾重にも連なる姿がしなやかで美しく、改めて江戸小紋の麗しさと職人技に賞賛の念を禁じ得ません。

「鮫(さめ)」「角通し(かくどおし)」「行儀(ぎょうぎ)」という3つの柄は「江戸小紋三役」と呼ばれ、江戸小紋をを代表する柄模様です。
ほかにも「大根におろし金」「南天」などといったユニークな名前の柄が数多く存在します。

小紋は着こなしの幅を広げてくれる、親しみやすい着物

江戸小紋は派手さはないものの、しなやかで芯が通った美しさを持つ着物。
着用シーンが幅広いスグレモノなので、着物をひとつ持つならまず小紋から揃えるという方も多いようです。

着物というとどうしてもかしこまってしまい固く考えてしまいがちですが、小紋の存在によってちょっとした買い物やお食事会など、着物を気軽に楽しめる大きなキッカケとなってくれるに違いありません。

小紋を知ることで、もっともっと着物が身近に感じることができそうですね。

関連するまとめ

最上のお祝いを装いに。黒留袖の基本とマナー

既婚女性の正装である黒留袖。 限られた立場とシーンでしか着用できない特別な装いです。 黒留袖の基本と、着こな…

冬こそチャンス!着物の虫干し

大切な着物や帯、どのように保管されていますか? 湿気は着物の大敵、タンスにしまいっぱなしでは大切な着物が傷ん…

七五三のお子さまの服装は、着物を選んでみませんか?

お子さまの成長の節目をお祝いする行事が七五三。 男の子は5歳、女の子は3歳と7歳に行うのが一般的です。 一生…

関連するキーワード