秋分は昼夜の長さがほぼ等しくなる日

秋分は二十四節気のひとつです。
春分と同じように太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになる頃。
ご先祖様の住む世界である「極楽浄土」と現世が最も近くなる日と考えられていました。

そのため秋分の日を中心とした1週間は「秋彼岸」と呼ばれており、この時期に先祖供養をするようになったといわれています。
このお彼岸という行事は日本のみで、他の仏教徒にはない風習だそう。

「暑さ寒さも彼岸まで」という慣用句があるように、夏の暑さもこの時期までには和らぎ、過ごしやすく頃だということを表します。
しかし春と秋の彼岸では気温が10度以上も違い、まだまだ暑さが残るのが秋分の頃の特徴でしょう。

秋分の日が国民の祝日となったのは

なぜ秋分の日が国民の祝日と定められたのでしょうか。

もともと宮中では春分の日と秋分の日が歴代の天皇や皇后・皇族の御霊を祀る日だったそうです。
戦前は「秋季皇霊祭」と呼ばれていたこの日が戦後、先祖を敬い亡くなった方々の御霊を偲ぶ日として戦後1948年に国民の祝日に定められることになりました。

秋分の日はおはぎを食べるのはなぜ?

秋分の日を含むお彼岸にはおはぎをお供えするのが定番ですが、どうしておはぎなのでしょうか。

おはぎに使われている小豆の赤い色は、古来より魔よけの効果があり邪気を払うものとされてきました。
また甘いあんこは高価で貴重なものであったため、特別な行事であるお彼岸に魔よけ効果がありぜいたくな食べ物をご先祖様にお供えするということが風習となり、広まったといわれています。

今まではお彼岸だから、となんとなく食べていたおはぎ。
このようにおはぎにも深い意味が込められていたことを知ると、由来を含めて私たちが代々に引き継いでいくべき風習であると改めて思いました。

秋はぼたもちではなくおはぎである理由

おはぎとぼたもちは同じ食べ物ですが、秋分の日にお供えするのはおはぎです。
それではなぜおはぎなのかご存知でしょうか。

諸説あるものの、キキョウや葛・なでしこなど秋分の頃に咲きそろう秋の七草に由来しているという説が有力だそう。
秋の七草は春の七草と違って眺めて楽しむ草花なのですが、おはぎはその七草のひとつである「萩」から由来したといわれています。
おはぎは漢字で書くと「御萩」、ぼたもちを漢字で書くと「牡丹餅」です。

牡丹は春の花なので、春分にお供えするのがぼたもちで、秋分の日はおはぎということなのですね。

秋分の日はご先祖様へ感謝をする日

暦は秋とはいえ、本当の秋のはじまりを肌で感じるのはちょうど秋分の日あたりから。
夏とは全く違う風や空気に、改めて季節としてひと区切りを感じる頃でしょう。

ご先祖様のお墓参りができること、お墓参りのために帰る場所があるということは当たり前ではなくとてもありがたいことです。

この機会に、秋分の日の由来や習慣・お彼岸の過ごし方についてご家族と話してみるのもよいかもしれませんね。

関連するまとめ

もうひとつのお月見、十三夜

幻想的でため息が出る程に美しい、10月の月。 先月9月15日は十五夜でしたが、今月も「十三夜」と呼ばれるお月…

冬の終わりを伝える「冬の土用」

冬の土用とは、立春(2/3)までの約18日間に当たる雑節のひとつです。 「寒の土用」とも呼ばれる冬の土用につ…

人日の節句「七草粥」

あっという間に三が日が過ぎましたね。 1月7日は春の七草の入ったおかゆを食べて、無病息災を願います。 今回は…

関連するキーワード