体育の日とは…

体育の日とは「スポーツに親しみ、健康な心身を培う日」という意味を持った国民の祝日です。
スポーツや運動を通じて健康な体をつくることを目的とされていますが、それとともに
健康の大切さを改めて考えたり、スポーツから学びを得ることも大切なのかもしれません。

私たちの記憶に新しいのが、この夏に行われたリオオリンピック。
連日報道された日本代表選手の輝かしい功績に、日本中が歓喜に包まれましたね。
スポーツは体づくりや健康のためはもちろんですが、スポーツを通してさまざまなことを数多く学べるもの。
大気の状態も比較的安定し、季節的に気持ちがよく過ごしやすい10月はスポーツの秋といわれるのもうなづけます。
毎日の忙しさを理由に運動を怠けている自分に、戒めを与えたいと改めて感じました。

体育の日はなぜ10月10日だったの?

かつては体育の日は10月10日でした。なぜその日だったのかご存知でしょうか。

東京オリンピックが開催された1964年(昭和39年)、開会式が行われたのが10月10日でした。
東京オリンピックでは金メダルを16個獲得するというすばらしい成果を残しました。
これによりたくさんの人々に感動を与えたこと、そして東京でオリンピックが開催されたことを記念し10月10日を体育の日と名付け、祝日に制定されたとのことです。

その後2000年(平成12年)の法改定によって、体育の日は10月10日ではなく「10月の第2月曜日」となりました。

今週末に開催されるイベント!

体育の日を含む10月8日~10日の三連休では、日本全国各地でさまざまなスポーツに関するイベントが開催されます。

その中で今回ご紹介したいのが、ビックイベントである「スポーツ博覧会東京2016」。
8日(土)と9日(日)に世田谷区の駒沢オリンピック公園と、東京都小金井市の小金井公園の2会場で開催されます。

駒沢オリンピック公園ではボルダリングやランバイクをはじめとする数々のスポーツ体験、そしてバブルジャンパーやホバークロスといった珍しいスポーツの体験が可能。
小金井公園では手漕ぎボートやミニSLなど、お子さまと一緒に親子で楽しめるイベントが盛りだくさんです。

有名アスリートやお笑い芸人など豪華ゲストも出演するそうなので、見ごたえもたっぷり。
いろいろなスポーツ体験ができるよいチャンス。
入場無料とのことですので、ご家族やご友人みんなで参加してみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ

春分の日と春のお彼岸

春のうららかさを感じるようになってきた頃、春分の日と春のお彼岸を迎えます。 四季の中でも大きな節目である春分…

日本の暮らしが考える、クリスマスの過ごし方

12月24日はクリスマスイブ。今日明日はご家族やお友達、仲間同士でパーティーのご予定がある方も多いのではない…

人日の節句「七草粥」

あっという間に三が日が過ぎましたね。 1月7日は春の七草の入ったおかゆを食べて、無病息災を願います。 今回は…

関連するキーワード