十三夜とは

十三夜とは、十五夜のひと月後の旧暦9月13日に見える少し欠けた月のこと。
十三夜とはいうものの13日に固定されているわけではなく、その年によって変動します。
旧暦の9月13日は、現代の暦でいうと10月上旬から11月上旬あたり。
今年2016年は、10月13日が十三夜にあたります。

十五夜はもともと中国に由来するものですが、この十三夜は日本独自の慣習だそう。
十三夜は別名「後の月(のちのつき)」や「豆名月」「栗名月」などと呼ばれ、この時期の収穫物である大豆や栗をお供えするのがならわしといわれています。

どうして十三夜にもお月見をするの?

十五夜だけではなく十三夜にもお月見をするのはなぜでしょうか。
それには諸説あり、宇多法皇が十三夜の月を見て二つとない優れたものという意味を表す「無双」と賞したという説や、
西暦919年の醍醐天皇のときに開かれた「観月の宴」がキッカケという説が存在するようです。

また、十五夜に月を愛で十三夜でお月見をしないのは「片見月」といわれ、縁起が良くないといわれています。

十三夜の過ごし方は?

十三夜は十五夜と同じようにすすきや秋の七草に加え、大豆や栗といった秋の食べ物をお供えしましょう。
お団子は十三夜にちなんで13個。一段目である下が9個で、二段目の上が4つになるように飾ります。

秋の七草、全部言えますか?

十三夜で飾られる秋の七草は、山上憶良が詠んだ歌が由来になったといわれています。
おはぎの語源となった「萩」、紫色が美しい「キキョウ」、葛餅に使われる葛粉が作られる「葛」、かつては芳香剤としても使われた「藤袴」、
秋の空に映える黄色の花「女郎花(おみえなし)」、すすきである「尾花」、大和撫子の由来である「なでしこ」の計7種類。

秋の七草は春の七草に比べあまり知られておらず、また野生ではめったに目にすることがなくなってしまいました。
しかし秋の七草を知り、日常に取り入れることで年中行事がより一層楽しくなるに違いありません。

引き続き秋のお月見を楽しもう!

月を見ていると、なぜか不思議なパワーが満ちてくる気がします。
特に秋は気温が低くなり、大気中の湿度が下がるので透明度が高くなるため非常に美しいもの。

秋は行事も多く忙しい毎日ですが、片見月にならぬよう十三夜のお月見も家族で楽しんでみませんか?

関連するまとめ

季節の節目、夏の入り口「夏至」

ここのところすっかり日が長くなりましたね。 帰宅中ふと見上げた空にまだほんのりと明るみが残っていることに気づ…

春分の日と春のお彼岸

春のうららかさを感じるようになってきた頃、春分の日と春のお彼岸を迎えます。 四季の中でも大きな節目である春分…

夏行事!お盆の基本について知っておこう

日本には、四季を通じて季節の行事が多くあります。 その中でも、お盆は特に大切にされてきた行事のひとつ。 今回…

関連するキーワード