えびす講とは?

えびす講は10月20日に商売の神様であるえびす神を祀る行事です。
右手に釣竿を持ち、左手に鯛を抱えているえびす様は、もともと漁業の神様として崇められていました。

えびすは「恵比寿」のほかに「蛭子」や「戎」「夷」とも書かれ、七福神の一員として漁業だけでなく商売繁盛や農業の神様としても古くから信仰されています。

10月は「神無月」といい、文字のごとく各地から神様がいなくなってしまう月です。
神様たちは1ヵ月間島根県にある出雲大社へ出張会議し、なにやら縁結びの話し合いが行われるのだとか。
唯一出雲へ出向かないえびす様は留守神とされ、一年の無事を感謝して商売繁盛や大漁・豊穣を願う行事が「えびす講」です。

地域によってえびす講の祭礼の開催はそれぞれ。
10月20日だけでなく旧暦の10月20日にあたる11月に行われるところも多く、場所によっては12月8日であったり1月であったり、さらには春と秋の2回行うところもあります。

えびす講ではどんなことをするの?

かつては商家では親戚や知人を招き、派手な宴会を夜通し行ったそう。
また酒席では買い方と売り方の2組にわかれ、宴席にあるものに「千両、万両」と高い値段をつけて、縁起を担ぎ売買のまねごとも行われたといわれています。

地域によってはお寺や神社だけでなく一般家庭でも神棚にえびす様を祀り、季節の食べ物やお酒などをお供えすることもあるそうです。

今ではえびす講の時期に合わせて各地で市がたち、熊手やお宝など縁起物を売る露店が並ぶお祭りやえびす講にちなんだイベントが開催されます。
良く知られているのが東京・日本橋の宝田神社「日本橋べったら市」。
露店の数は400~500軒ほどといわれており、毎年商売繁盛を願う人たちでにぎわっています。

また、商人の街である群馬県高崎市の「高崎えびす講市」や同県桐生市の西宮神社でのえびす講も有名です。

長野の西宮神社のえびす講は毎年11月23日に開催され、中でも「煙火大会」という秋の花火をみることができる全国でも珍しいイベント。
澄んだ秋の夜空に打ち上げられる花火は、観客の心をつかんで離しません。

関西では新年の景気づけとしてえびす講を1月10日に行うことが多く、えびす講は「十日戎(えびす)」と呼ばれています。

1月に大阪市の今宮戎神社や西宮市の西宮神社で行われる「十日戎」は関西では知らない人はいないほどの大イベント。
自営業の方などは商売繁盛を願い、一般の方は家内安全を願う人で大賑わいです。

商売繫盛、家内安全を願うえびす講

みているだけで幸せが舞い込んできそうなやさしい笑顔のえびす様。

そんなえびす様を祀る行事であるえびす講。
さきほどご紹介しました東京・日本橋のべったら市は10月19日、20日と今まさに開催中です。
ずらりと露店が立ち並び、歩いてまわるだけでも活気がもらえて景気がよくなりそうですね。

開運を願い、ご家族みんなで各地えびす講のイベントへ足を運んでみてはいかがでしょうか!

関連するまとめ

年末大掃除で一年の汚れをキレイすっきり!

よいお年を、という挨拶があちこちで交わされるようになりましたね。 いよいよ本格的に年末年始の準備が始まります…

9月1日は防災の日

防災の日は関東大震災を教訓として、人々の防災意識を高めるために制定されました。 防災の日となったのにはどのよ…

11月23日は「勤労感謝の日」

「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」を目的とした祝日「勤労感謝の日」。 由来を知り、改めて…

関連するキーワード