喪服とは

喪服とは、遺族が喪に服していることを表すための装いで、かつては喪服を着用するのは遺族のみでした。
今では弔事用のブラックフォーマルや、黒い着物全般を喪服と呼ぶことが一般的になっています。

喪服の格は3段階

喪服には礼装同様に格が存在し、「正喪服」「準喪服」「略喪服」と3つに分かれます。
それぞれの種類と用途についてみてみましょう。

正喪服

正喪服は最も格式の高い装いとされており、正喪服を着用するのは喪主や喪主の妻、遺族など故人と関係性が深い方や葬儀を主催する側の立場の人が着用します。

男性は和装あるいはモーニングコート、女性は和装かブラックフォーマルと呼ばれるワンピースまたはアンサンブル。
素材は黒の無地で、透け感のあるものはNGです。
スカートの丈はひざ下からくるぶしまでが基本で、肌の露出が極力少ないものが原則。

一般の参列者が着用すると格式が高くなりすぎてしまうため、ふさわしくありません。

準喪服

準喪服は弔事のほとんどのシーンで着用できる、一般的な喪服です。
お通夜・告別式・一周忌までの法要など、どんな立場の方でも幅広く着用できます。

男性はブラックスーツ、女性はブラックフォーマルまたはスーツ。
準喪服は遺族をはじめ、一般参列者も着用可能です。

略喪服

略喪服は「略」とあるようにお通夜・告別式にはふさわしくありませんが、お通夜の前に取り急ぎ駆けつける際や三回忌以降の法要などで参列者が着用します。

男性はダークスーツと呼ばれる、黒あるいは濃いグレーなどの地味な色合いのスーツが一般的。
女性は黒やグレーなど地味な色合いのワンピース・アンサンブル・パンツスーツなどです。

故人の意向によりお別れ会というスタイルの式に参列する際、平服でとの指示がある場合がありますが、その際は略喪服がよいでしょう。

妊娠中の訃報、装いはどうしたら?

喪服には着用する立場やシーンによって格を使い分ける必要がありますが、妊娠中はどうでしょうか。
お通夜や葬儀は長時間に及びますので、まずは妊婦さんの体調が一番です。

参列する場合は妊婦さんでもブラックフォーマルが望ましいですが、訃報は突然やってくるものなのでマタニティ用の喪服をレンタルする時間がないことも。
地域によっても慣習やしきたりが変わりますので、まずはご家族に相談するのがよいでしょう。

喪服またはブラックフォーマルが用意できない場合は、黒または暗い色のゆったりしたワンピースやチュニックで代用することも多いようです。
その際はできるだけ飾りのないもの、生地に光沢のないものを選びましょう。

喪服の格式を知り、TPOにあわせた装いを

大切な方とのお別れであるお通夜・告別式には失礼のないようにしたいもの。
人の死について生前から考えることは不謹慎のように思えてしまいますが、哀しみの席で礼を欠くことのないよう、ある程度マナーを知っておくことはとても大事なこと。

マナーとして弔事の装いをあらためて考え、最低限心得た上で告別式に参列するようにしましょう。

関連するまとめ

入園祝い・入学祝いのマナーあれこれ

春は門出の季節ですね! 桜が満開になる頃には入学式のニュースをあちこちで耳にすることでしょう。 今回は保育園…

感謝の気持ちを伝える「お歳暮」の基本

転職、結婚、出産…。お付き合いは私たちの暮らしの中で少しずつ広がっていくもの。 日頃お世話になっている方へ一…

幸せのおすそわけ、内祝いの基本

贈答にはさまざまなマナーやルールが存在します。 今回は「内祝い」にフォーカスを当て、本来の意味や基本マナーに…

関連するキーワード