陶芸の魅力って?

陶芸は若い女性から子育て中のお母さん、そして定年退職された男性など、プロアマ問わず幅広い方が魅了されています。
中には親子で習いに行っている方やご夫婦ともに陶芸教室へ、という方も少なくないそうです。

もともとは料理が好きでそこから器に興味を持ち始め、陶芸を習うようになったという方や、
趣味の雑貨屋さん巡りから陶器が好きになり、自分でも作ってみたくなったという方などきっかけはさまざま。
共通していえるのは、陶芸の持つぬくもりや温かみに心惹かれてしまったということなのでしょう。

陶芸の持つ魅力について探ってみました。

ゼロからオリジナル作品を創造する喜び

普段使いしている器やカップ・花器などはすでに商品化されているものをお店で購入することが一般的だと思います。
陶芸は、ただの土から自分の手でひとつのカタチを作り出すこと。
自分がイメージしたものを空想だけでなく作品にすることは決して簡単なことではないはず。
いくつかの失敗を乗り越え、ついに作品が完成したときの達成感はそれを作った人にしか味わえません。

モノを創造する楽しさ、二つとない自分だけのオリジナル作品が出来上がる感動は何ごとにも代え難い喜びといえるでしょう。

とにかく夢中になれる

陶芸の魅力のひとつに「夢中になれる」「集中できる」というものがあります。
忙しい現代人、日々仕事や家事・育児などに追われ自分のために使える時間はなかなかありません。
そんな時、土に向き合ってひたすら手を動かして作り上げる陶芸。
無になり、ひとつのことに没頭する時間を持つということはリフレッシュやストレス発散にもつながります!

自然に触れることで癒しの効果が期待できる

土に素手で触れることにより、気分転換やリラックスといった癒しの効果をもたらすといわれています。
土のひんやりとした食感、やわらかさ、独特の土の匂い。
なんだか幼き頃の泥だんごづくりに似ている気がします。
土に触れているうちに気持ちが解放され、心が穏やかになるんだとか。
自然の持つパワーは本当に計り知れませんね。

一日体験も!陶芸教室を探してみよう

陶芸を体験してみたい!という方は、一日体験から始めてみてはいかがでしょうか。

陶芸にはいくつかの手法がありますが、大きく分けると手で粘土をこねて作る方法と、ろくろと呼ばれる自動で回る台に粘土を乗せて作る方法の2つ。
憧れのろくろで陶芸家の気分を味わってみるのも楽しいですし、手びねりでお子さまと一緒に楽しむのも素敵な経験になることでしょう。
お好みの体験内容を探してみてください

自由な感覚で創作できる陶芸を楽しんで

想いがたくさん詰まった、世界でひとつだけの陶芸作品は毎日の暮らしにぬくもりを与えてくれます。
ブライダルの記念として、また大切な人への贈り物としてもぴったりですね。

ちょっといびつでも、またそれも味わいのひとつ。
自由な感覚で楽しめる陶芸のワクワク感を、ぜひとも体験してみてください!

関連するまとめ

改めてほれぼれ!和紙の魅力に迫る

和紙と聞いて、皆さんはどのようなものを想像されるでしょうか。 ちょっと古めかしい印象をお持ちの方もいるかもし…

伝統芸能、能楽を楽しもう

能・狂言は室町時代より絶えることなく伝えられてきた伝統芸能。 能と狂言ふたつを合わせ「能楽」と呼んでいます。…

創立50周年を迎えた民族歌舞団「荒馬座」

和太鼓の高鳴り、和笛の音色。 日本人なら誰もが心動かされる瞬間ではないでしょうか。 今回は首都圏で唯一の歌舞…

関連するキーワード