ハロウィンはどんな行事?

ハロウィンは、毎年10月31日に行われるイベント。
11月1日のキリスト教の記念日「万聖節」の前夜祭として、秋の収穫を祝うとともに悪霊を追い出すというお祭りです。
「万聖節」は「All Saints’Day」と呼ばれ、聖なるものが地上に集まるといわれています。

歴史をさかのぼれば、紀元前5世紀頃の古代ケルト民族の風習が起源だそうです。

古代ケルトでは暦の変わる新年が11月1日にあたります。
その前夜である10月31日に祖先の霊が訪れると信じられていました。
そして祖先の霊とともに悪魔や魔女もやってきて悪いことをすると考えられていたため、火を焚いて悪魔祓いをしたそうです。

ハロウィンで仮装をするのは、災いをもたらす悪魔や魔女に仲間だと思わせて自分たちの身を隠すという意味がこめられているのだとか。
ご先祖様がこの世へ降りてくるという由来を知ると、ちょっと日本のお盆と似ている気がしてより親しみがわきますね。

「Trick or Treat!」の意味は?

街のいたるところにはかぼちゃをくりぬいて作った「ジャック・オ・ランタン」やこうもりなど、ハロウィンの飾りつけがたくさん。
当日は魔女やゴーストなど思い思いに仮装した子どもたちが近所の家々をまわります。

ハロウィンでのお決まりの合言葉といえば「Trick or Treat!(トリックオアトリート)」です。その意味はご存知でしょうか?

この合言葉はご存知のとおり、「お菓子をくれないといたずらするぞ」という意味。
子どもたちは悪霊の役をしているというわけです。
子どもたちが来た家の人は、「Happy Halloween(ハッピーハロウィン!)」といってお菓子を渡します。

なぜお菓子を渡すのかには諸説あるものの、外にいる悪霊たちが家の中に入らないよう、もとの世界へ帰すためという説が有力。

こんなかわいらしい魔女が来るならば、たくさんお菓子をあげたくなってしまいますね。

今年のハロウィンはこのクッキーで!

子どもたちに配るお菓子にぴったりなハロウィンクッキーのレシピをご紹介します。
味も形もカボチャのこのクッキー、パーティーに持って行ったら大きな歓声が上がりますね!

楽しいハロウィン、マナーを守って思い切り楽しもう

ここ日本でも、秋の風物詩といえるほど日本でも定着したハロウィンのイベント。
しかし残念なことに、ハロウィンパーティーの翌日に残されたごみの問題についても毎年ニュースになっていることも事実です。

イベントで盛り上がるのは悪いことではありませんが、行事の由来や意味を理解し、それに応じた楽しみ方をするのも大事なことだと思います。
小さなお子さまも参加するイベントなので、大人がしっかりとルールを守りながら楽しむ姿をみせてあげたいですね。

みなさま、今週末はご家族・ご友人で楽しいハロウィンをお過ごし下さい!

関連するまとめ

お子さまの成長に感謝しお祝いする「七五三」

11月15日は七五三です。この時期の神社では、着物に身を包んだ愛らしい姿をみかけることができるでしょう。 今…

災いを追い払い、福を呼び込む「節分」

鬼は外、福は内! そんな子どもたちのかわいらしい声が聞こえてくる頃ですね。 今回は小さな頃から私たちの生活に…

日本の風習がたくさん詰まった「小正月」

お正月もあっという間に終わり、早くも2017年が始動し出しましたね。 ところで元旦を中心とした正月を「大正月…

関連するキーワード