柑橘の代表、みかんの種類

柑橘の中でも皮がやわらかく、手で簡単にむけるものをまとめて「みかん」と呼んでいます。
私たちに一番なじみ深いみかんは「温州みかん」という種類で、鹿児島県で発見された日本生まれの果物。
みかんの主な産地は和歌山・愛媛・静岡で、同じ温州みかんでも収穫時期によって呼び名が異なります。
ここでは一般的な温州みかんの呼び名と、収穫時期をご紹介しましょう。

・極早生(ごくわせ)温州みかん…9月~10月頃
・早生温州みかん…10月~11月頃
・中生温州みかん…11月下旬~12月下旬頃
・晩生(おくて)温州みかん…1月以降

みかんだけでなく、作物やくだもので早熟なもの・早くできる品種を「早生(わせ)」と呼びます。

みかんの持つ驚くべき健康効果とは

私たちにとって身近な存在であるみかんですが、実は驚くべき効能がたくさん含まれています。
みかんの栄養、健康効果をみてみましょう。

とにかくビタミンCがたっぷり!

みかんというとビタミンCを連想する方も多いと思いますが、まさにその通り。
みかんはビタミンCがたっぷりで、みかんMサイズ2個分で大人1日分に必要なビタミンCがまかなえてしまいます。
もともとビタミンCは加熱すると分解してしまう性質を持っていますが、みかんなら生のまま食べられるので天然のビタミンCを直接摂取できるメリットが。

さらにビタミンCはお肌の新陳代謝を高めたり、皮膚や粘膜を強くする働きがあります。
疲労回復やストレス対策にも効果的といわれているので、健康な体づくりの強い味方といえるでしょう。

シネフィリンで風邪予防にも◎

みかんには「シネフィリン」という成分が入っています。
この「シネフィリン」は風邪予防に非常に高い効果を持つといわれており、温州みかんに特に多く含まれているそうです。
気管支の筋をゆるめる作用があるので風邪の引き始めやのどの痛みにも効果が期待できるでしょう。
これからの季節、お子さまのいらっしゃるご家庭は特にみかんが欠かせなくなりますね。

みかんのすじや薄皮には血圧上昇を抑える効果も

みかんのすじや薄皮には強力なパワーがあることをご存知でしょうか。
ポリフェノールの一種である「ヘスペリジン」という成分は、抗酸化作用や末梢血管を強くする働きを持っています。
血液の上昇を抑え、毛細血管壁を保護して血管の老化を防いでくれるそうです。

また、みかんの袋には整腸作用のある食物繊維も含まれています。
みかんはすじや薄皮は取らずに、袋ごといただきましょう!

これぞ裏技!?みかんがもっと甘くなる方法

みかんをはじめとする柑橘類は、酸っぱさがちょっと苦手という方も中にはいらっしゃるかもしれません。
そんな時はズバリ「温める」とよいのだそうです。
一番手軽にできる方法は、食べる前にみかんを揉むこと。
みかんを揉んで温めることでみかんに含まれる酸味のもとであるクエン酸が分解され、甘みを感じやすくなるのだとか。

また、40℃前後のお湯に浸すのも効果があるそうです。
ちょっと酸っぱいみかんにあたってしまった時は、一度試してみてはいかがでしょうか。

捨てないで!みかんの皮の活用法

おいしくいただいた後のみかんの皮は、天日干しで乾かしてさまざまなことに活用できます。
みかんには虫が嫌がるにおいが含まれているので、乾いて細かく砕いたものは害虫予防のある肥料に。
布に入れて玄関や靴箱に置けば、さわやかな香りの天然消臭剤の出来上がりです。

ネットに入れてお風呂に入れればからだポカポカ、アロマ効果のあるみかん風呂に。
みかんに含まれる「リモネン」という成分は、冷え症や肩こり解消の効果も期待できるそうです。

関連するまとめ

旬をいただこう!~弥生(3月)編~

気づけば3月も中旬へ。 朝晩は寒さが残るものの、日中は確実に春へと向かっているのが感じられる今日この頃です。…

旬をいただこう!~霜月(11月)編~

11月になり、寒さもしっかり暦に追いついてきたなと感じる今日この頃。 この時期は、寒さに打ち勝つためにも体を…

旬をいただこう!〜卯月(4月)・皐月(5月)編〜

4月も後半になり、春というよりは夏を思わせるほどの暑い日もありますね。 皆さまいかがお過ごしでしょうか? 生…

関連するキーワード