亥の子祝いとは

亥の子祝いとは平安時代から始まった年中行事です。
旧暦10月の最初の亥の日の亥の時刻(午後9時から11時の間)、新殻でついた「亥の子もち」を食べて無病息災や子孫繁栄を願います。
もともとは古代中国で行われていた「亥猪」という祝いの風習がもとで、平安時代に日本へと伝わりました。
宮中の年間行事から時代とともに武家社会にも広まり、やがて民間の間で収穫のお祝いと亥の子の行事が結びついていったのだそうです。

陰陽五行説に基づき、亥は火難を逃れる信仰があることから亥の日に囲炉裏(いろり)やこたつを開き、火鉢を出し始めるという風習も。
今では主に西日本を中心に年中行事として受け継がれています。

亥の子もちとは?

亥の子もちは亥の日に食べるお餅のこと。
大豆や小豆・ごまなど7種類の粉を混ぜて作られたといわれていますが、今は地域や和菓子屋さんによって製法はさまざま。
茶の湯の世界でもこの日に炉開きをし、亥の子もちを茶席菓子として出すそうです。

かの有名な源氏物語の一場面にも光源氏と紫の上の巻で「亥の子もち」が登場します。
お話の中では亥の子もちは子宝に恵まれる縁起物とされているのだとか。
亥は一度に何十匹も子どもを産み、大事に育てることから亥にあやかって昔から子宝のご利益があるとされてきました。
亥の子もちの見た目は亥の子どもを形どっており、とてもかわいらしい和菓子です。

亥の子突き

亥の子もちを食べるほか、亥の子突きをする地域もあるそうです。
亥の子突きとは、子どもたちがわらで作った亥の子槌(づち)や石に何本も縄をつけた石亥の子で地面をたたいてまわるというもの。
叩くことにより、大地の霊を呼びさますのだといわれています。

亥にあやかって健康・子孫繁栄を願いましょう

ちょうどこの時期は、秋の収穫を終えた頃。
農村では、田んぼの神様へ感謝を込めて新米でついたお餅をお供えするそうです。
亥の子もちは、お餅のふわふわ感に加えて大豆やごまなどの香ばしさがとってもおいしい和菓子。
午後のホッと一息、お茶のお供に亥の子もちはいかがですか?

関連するまとめ

1年最後の締めくくり「大晦日」

1年の締めくくりである大晦日。泣いても笑っても今日で1年が終わりますね。 今回は大晦日と除夜の鐘についておは…

人日の節句「七草粥」

あっという間に三が日が過ぎましたね。 1月7日は春の七草の入ったおかゆを食べて、無病息災を願います。 今回は…

寒さのピークを迎える「大寒」

1月も後半に入り、寒さも一段と厳しくなりました。 今日は二十四節気のひとつ「大寒(だいかん)」です。 大寒と…

関連するキーワード