文化の日とは

1948年に国民の祝日として定められた「文化の日」は、自由と平和を愛し、文化をすすめるという意味を持っています。
11月3日は1946年に日本国憲法が公布された日。
公布というのは憲法の成立を国民に公表することを指しています。
この憲法は平和や国民主権、そして基本的人権の尊重をうたっていることから、平和と文化を大切にしようという意味を込め「文化の日」として制定されたそうです。

しかし本当の由来は別にあるともいわれています。
もともとは11月3日は明治天皇のお誕生日でした。
明治天皇が崩御されたあともこの日を祝日としたいという国民からの意見がとても多く、署名を伴う請願運動が発生したそうです。

そして1927年改正の祝日法により明治天皇の誕生日「明治節」として改めて祝日となりました。
昭和になってから明治天皇の誕生日が制定されたという、ちょっと変わった祝日といえるかもしれません。
このあと前述のように1946年に日本国憲法が交付、そして1948年に祝日法が制定されたことにより現在の「文化の日」となったといわれています。

文化の日、なにをする?

文化の日といえば皇居で行われる文化勲章の授与式を思い浮かべる方も多いと思います。
科学技術や文化の発展・向上にめざましい功績のある方や、さまざまな分野で優れた行いをされた方を表彰するものです。
また、芸術関係のイベントやコンサート、美術館や博物館が無料開放されるところも多くあります。

ぜひともお近くのイベントに足を運んでみてはいかがでしょうか。

文化の日を有意義に過ごしましょう

文化の日はこのように歴史的背景があるものの、平和に感謝し日本文化を大切にしようという日であることに違いありません。
地元の文化イベントに参加してみたり、日本の伝統芸能に触れてみたり。
感心や興味のあることに一歩踏み込んでみる良いチャンスでもあります。

日々忙しく過ごしている中、自分のためになることや自分の好きなことに使う一日を持つのはとても大切です。
貴重な祝日を、できるだけ有意義に過ごしたいものですね!

関連するまとめ

年越し蕎麦の由来あれこれ

大晦日の夜の日本の定番といえば年越し蕎麦ですね。 これを食べないと年が越せないなんて方も多いのでは。 そもそ…

秋から冬へのバトンタッチ、秋の土用

土用ときくと夏の土用の丑の日を連想する方も多いかもしれませんが、実は土用は春夏秋冬それぞれ年4回あります。 …

暑さを吹き飛ばせ!夏の土用「丑の日」

夏の土用といえば真っ先に思いつくのがうなぎですね。 スーパーにおいしそうなうなぎがずらりと並ぶ光景も、我が国…

関連するキーワード