食物繊維たっぷり「ごぼう」

スーパーでは一年中みかけるごぼうですが、旬は11月から2月にかけて。
初夏に出回る「夏ごぼう」という種類もあり、これはまた秋のごぼうとは味わいが異なるそうです。
ごぼうといえば食物繊維が豊富なことで有名ですね。腸の働きを整えたり、便秘の予防にも役立ちます。
また利尿作用もあり、むくみの解消にも効果が期待できるでしょう。

土の中で育つ野菜、いわゆる根菜類は体を温めてくれるといわれていますが、ごぼうはまさに旬真っ盛りの根菜です。
体を温めてくれるものを食べることで血行も良くなり新陳代謝もアップ!
この時期はお味噌汁に、煮物にと色々な料理に使いましょう。

ごぼうのおいしい食べ方

ごぼうといえばお母さんの味、きんぴらごぼう。苦手という人は少ないのではないでしょうか。
油との相性が良いのでニンジンや他の食材と合わせて炒めてもOK。
今回は常備菜にもぴったりな牛肉との炒め物のレシピをご紹介します。
お弁当に欠かせない、定番おかずのひとつになりますよ。

独特の味わいと香りを持つ「春菊」

春の菊と書いて春菊、まさにキク科の植物。
独特の苦味を持つ春菊、ちょっと苦手なんて方もいるかもしれません。
春菊はカロテンと呼ばれる成分を多く含み、その量は野菜の中でもほうれん草や小松菜よりも多いトップクラス。
免疫力アップのほか皮膚や髪・粘膜などを健康に保ち、骨を丈夫にするお手伝いをするなど体の成長をサポートしてくれる働きがあります。

また春菊の持つ香りに含まれているのが「α-ピネン」という成分。
もともとリラックス効果があるといわれていますが、咳を鎮めたりタンを切ってくれる効果も期待できるそうです。
風邪をひきやすい今の季節、食卓には欠かせない野菜といっても過言ではないかもしれません。

春菊のおいしい食べ方

鍋料理にぴったりの春菊、さっと茹でてもクタクタにゆでても美味しくいただけます。
今回お勧めするのが材料も少なめで作りやすく、そしておいしいくるみの和え物。
くるみ自体も食物繊維やビタミン、オメガ3脂肪酸を多く含む栄養価の高い食材です。
春菊とくるみの組み合わせ、この時期最強といえるでしょう!

朝の習慣にしたい「りんご」

「1日1個のりんごは医者を遠ざける」この言葉を聞いたことがありますか?
このようなことわざが存在するほど栄養成分豊富なフルーツであるりんご。
体内の塩分を排出するカリウムをはじめ、食物繊維やビタミンC、ミネラルをたくさん含んでいます。
また高血圧の予防にも効果があるといわれており、コレステロールの降下や疲労回復などの効能も期待できるそうです。

さらにポリフェノールによる抗酸化作用・脂肪低減作用など、ここに書ききれないほどの健康への効果がたくさん。
寝ている間に失われた水分補給もできてしまうりんごは、朝のフルーツの習慣にしましょう!

りんごのおいしい食べ方

りんごは調理法によっておいしさが変わり、たくさんの楽しみ方があります。
りんごは火を通すことによりより甘みが増し、りんごに含まれる成分がより体内へ吸収しやすくなるのだとか。
カラメル色に焼いたりんごに冷たいバニラアイスを添えればちょっとオシャレなデザートの出来上がりです。
ご紹介するレシピはフライパンで手軽にできます!

おいしいだけじゃない、健やかな体づくりのために旬の食べ物を!

関連するまとめ

秋の夜長に大人時間。日本酒のたしなみ方

1000年以上前から製法が確立していたといわれている日本酒。 初心者にはちょっとハードルが高そうにも思えます…

驚くべき万能食!スーパーフード、梅の効用

梅といえば日本人の食卓に欠かせない梅干し。1日に2、3粒食べると体に良いとされているほどすばらしい効力を持つ…

たくさんの願いが詰まったお正月の料理「おせち」

お正月に欠かせないのがおせち料理。各家庭や地方によって中身が違うのもまたいいものですよね。 もとは年神様をお…

関連するキーワード