七五三とはどんな行事?

七五三は、子どもの無事を感謝し今後の健やかな成長を願ってお祝いする日本独自の行事。
もとは公家や武家の間で行われていたものが、一般に広まったそう。

男児は3歳と5歳・女児は3歳と7歳のタイミングに、お子さまは晴れ着を身につけ近所の氏神様へお参りに行きます。
神社ではお祓いと共に祝詞をあげてもらうのが一般的ですが、近年では参拝だけ行うという方も多いようです。

この歳になったのは、ちょうど子どもの成長の節目の年であるとともに、陽数である奇数が縁起が良いということが由来といわれています。
現代のように医療が発達していなかった昔は、乳幼児の頃で亡くなってしまう子どもがとても多かったそうです。
「7つ前は神のうち」といわれ、7歳まで無事に成長した子どもは神の子として扱われていました。

七五三のもとになった3つの儀式

古来の七五三というのは、平安時代に行われ室町時代に広まったといわれる「髪置き」「袴着」「帯解き」という成長過程に合わせた儀式がそれぞれ別の行事として存在していました。

数え年で3歳を迎えた男児・女児がそれまで剃っていた髪の毛を伸ばし始める「髪置きの儀」。
数えで5歳の男児が初めて袴を身につける「袴着の儀」。
そして数え年で7歳を迎えた女児が子ども用の付け紐を解き、大人の女性と同じ帯を結んで着物を着ることが許される「帯解きの儀」。
これらの儀式が一つにまとまり、今の「七五三」となりました。

それぞれの節目まで無事に育ってくれたことに感謝する親心がひしひしと伝わり、ますますこの行事を大切にしたいという想いに駆られます。

現代の七五三のお祝いスタイルは?

前述のようにかつては男児は3歳と5歳、女児は3歳と7歳で七五三のお祝いをしていましたが、現代の七五三のお祝いスタイルはさまざま。

男児は5歳のみで行うという方や、一年ずらして兄妹・姉妹どちらかに合わせて同時に行うなど、七五三を各ご家庭のスタイルにあわせて臨機応変に取り入れる傾向にあるようです。

七五三を行う年齢も、満年齢で行うのか数え年で行うのか親としては悩ましい問題のひとつです。
もともとは数え年が基本でありましたが、地域や各ご家庭によってしきたりや考え方は異なるもの。

大切なのはあくまでお子さまが主役であるということ、そして七五三の目的はお子さまの成長を感謝しお祝いするというものです。
ご家庭の事情やお子さまの成長のペースはそれぞれ違いますので、どんなスタイルで行うかを家族で話し合い、お子さまを最優先に考えることが大切でしょう。

七五三はお子さまを第一に、喜びを代々つなげていこう

今年2017年の11月15日は平日の水曜日です。
平日なのでその前後の週末にお参りに行く方が多いかもしれませんが、お祝いの日程についても必ずしも11月15日でないといけないということはありません。

まだ成長過程のお子さまは着慣れない晴れ着で、途中で嫌がったりぐずったりする場合もあるかもしれませんね。
スケジュールは無理に詰め込まず、その日の天候やお子さまの体調に合わせて臨機応変に対応することが大切です。

日本古来からの行事である七五三、できるだけ無理なく取り入れる。
意味や由来を知り、各ご家庭にあったスタイルでお祝いをする「気持ち」が何より大切だと思います。
そしてその喜びを行事というカタチで代々引き継いでゆくことが、私たちが続けていくべきことなのかもしれません。

関連するまとめ

秋が深まり、初霜が静かに降りる頃「霜降」

朝晩は冬を思わせる寒さに、お布団からなかなか出られなくなりました。 10月23日は二十四節気では「霜降(そう…

女の子の健やかな成長を祈る「ひな祭り」

本格的に春を迎える3月。 ひな祭りは私たち日本人にとって馴染み深く、大切な行事のひとつ。 幼き頃、ひな祭りの…

秋を満喫したい、寒露の頃の過ごし方

二十四節気のひとつである「寒露」。秋分から数えて15日目頃のことを指します。 大気の状態が安定し、秋晴れが増…

関連するキーワード