「勤労感謝の日」の由来を知ろう

日にちが固定されている祝日のひとつである「勤労感謝の日」。
由来まではあまり意識してこなかったという方もいらっしゃるかもしれません。
これは戦前に「新嘗(にいなめ)祭」という古来より宮中で行われていた行事がもとになっています。

「新」は新穀・「嘗」はご馳走を意味する「新嘗祭」は、その年の収穫を祝って農作物の恵みに感謝する日として飛鳥時代より行われてきた祭事。
収穫をもたらした一年を尊び、感謝しましょうという意味を持っていました。

1948年(昭和23年)、戦後のGHQの占領政策により天皇行事である「新嘗祭」から今の「勤労感謝の日」となったそうです。
農作物だけでなくすべての生産を祝い、国民一人ひとりが働く目的や意味を考え互いに感謝する日という趣旨にしたといわれています。

勤労感謝の日は外食の日!?

11月23日は勤労感謝の日以外にもいろいろな記念日が制定されているのですが、ご存知でしたか?
手袋の日やお赤飯の日、いいふみの日(い=1・い=1・ふ=2・み=3)など語呂合わせで決められたものも多いようです。

ちょっと面白いのが日本フードサービス協会が1984年、勤労感謝の日に充てて制定した「外食の日」。
勤労感謝の日にちなんで家族での外食の楽しみをもっと広めたい、という趣旨があるそうです!

普段家事や育児で忙しいお父さんお母さん、勉強や部活、習い事と毎日頑張っているお子さまたち。
この日はお家での家事はちょっとお休みして、家族みんなで好きなものを食べに行くのもよいですね!

「いつもありがとう」を言葉にしよう

「勤労感謝の日」は働く場所があることや働ける喜びに感謝したい日。
勤労とは賃金が発生するものだけではなく家庭内の家事や育児も含めて、お互いにいつもありがとう、お疲れ様を伝え合う日にしたいものです。

毎日感謝を伝えているよ!という方もたくさんいらっしゃると思いますが、「勤労感謝の日」に改めて、支えてくれる仲間や家族にありがとうを伝えるよい機会かもしれません。

仕事があることは「当たり前」ではなく「有り難い」ことと改めて噛み締め、暮らしの中、勤労の中での「ありがとう」をいっぱいの毎日を送りましょう!

関連するまとめ

野山に雪がちらつく頃「小雪」

11月も下旬になり、日ごとに寒さが増してくる今日この頃ですね。 今回は二十四節気のひとつ「小雪」についておは…

寒さのピークを迎える「大寒」

1月も後半に入り、寒さも一段と厳しくなりました。 今日は二十四節気のひとつ「大寒(だいかん)」です。 大寒と…

日本の暮らしが考える、クリスマスの過ごし方

12月24日はクリスマスイブ。今日明日はご家族やお友達、仲間同士でパーティーのご予定がある方も多いのではない…

関連するキーワード