「師走」の語源を知っていますか?

「師走」の語源はいくつかありますが、よく知られているのが「普段走ることのない師(僧侶)さえ走ってしまうほどに忙しい月」という解釈かもしれません。

ほかには、やるべきことを果たすという意味の「為果つ」が変化し「しわす」になったという説や、年の総仕舞いという「仕極つ(しはつ)」が「しわす」と当てられたという解釈もあるようです。

諸説あるものの、12月の慌ただしさや締めくくりを表し、意味づけしている理解が多いと考えられます。

ほかにもいろいろ!12月を表す異名

師走のほかにも、陰暦12月を表す異名がたくさんあるのでご紹介しましょう。
どれも風情があり、美しい呼び名。一つの月をこのようにたくさんのとらえ方で表現をする日本語の面白さ・奥深さを改めて感じます。

・春をのんびりと待つという意味が込められた「春待月(はるまちづき)」

・梅が咲き始めるころの月である「梅初月(うめはつづき)」

・月が極まると書き、12月の季語としてもよく使われる「極月(ごくげつ)」

・またひとつ年を積むという意味を込めた「年積み月(としつみづき)」

・一年の最後の物悲しさを表現した「限り月(かぎりづき)」

そろそろ年末年始に向けて準備を

今年もあと一ヶ月…と思うと、急にやるべきことがたくさん思いつき、気持ちばかりが焦ってしまうもの。
後回しにしてしまうと、やり忘れややり残しなども出てきて年末に集中してバタバタしてしまいがちです。
少し早いかな?と思うくらいから年末年始に向けて準備を進めておくとよいかもしれませんね。

年末までにしておくべきことをリストアップ

今からできる準備としてお歳暮・年賀状の手配や大掃除、帰省の準備などが挙げられます。

いつ迄に誰が何を用意する、というような項目をカレンダーに色分けし、具体的に記しておくと家族全員が確認できて便利です。

我が家は普段の予定はカレンダーに書き込んでいますが、年末だけは色つきの付箋紙を項目別に使い分け、カレンダーにペタペタ。
終わったら剥がし、また追加…という風にしています。

また今年中に処分しておきたい大きな不用品がある場合は、各地域の粗大ごみの今年の最終受付日を早めにチェックしておきましょう。

一年を振り返り、心の整理をすることも大切

買い物や贈り物の手配といった目に見える準備はもちろんですが、年の瀬を区切りにして自分自身の心を整理しておくことも大切かもしれません。
今年中にやりたいことや行きたい場所などを議事録のような形で残したり、
元旦に立てた目標があった方は達成できたかどうか、改善点を含めてメモしてみたり。
あまり難しく考えすぎず、リラックスした気持ちで一年を振り返ることがポイントです。

少しの時間でも自分自身と向き合うことで、来年からの目標や行動の指針が立てやすくなるでしょう。

去りゆく年に感謝して充実した月に

「今年もあと少しですね」なんていう会話も聞こえて来る今、去っていく年を見送り、新しくやってくる年を迎え入れる月が「師走」。
毎日忙しいですが、頭はフル回転していても心の中だけはゆったりマイペースでいたいですね。

残りひと月、元気で充実した毎日にしていきましょう!

関連するまとめ

秋の夜長はお月見を楽しもう

いよいよ秋。お月見は秋の風物詩ですね。 お月見の由来や時期、ご家庭でのお月見の楽しみ方についておはなしします…

雪が激しく降り始める頃「大雪」

12月も2週目に入り、街並みも行き交う人たちも皆忙しそうにみえますね。 今日12月7日は二十四節気の「大雪(…

冬の終わりを伝える「冬の土用」

冬の土用とは、立春(2/3)までの約18日間に当たる雑節のひとつです。 「寒の土用」とも呼ばれる冬の土用につ…

関連するキーワード