お歳暮を贈る時期は

お歳暮は、時期が時期だけに贈るタイミングが大切です。
お住まいの地域にもよりますが、お正月祝いの準備を始める12月上旬から20日くらいまでに贈るのが一般的。
しかし近年ではその時期が少しずつ早まり、早い方は11月末から贈る傾向にあるといわれています。

贈る品によって時期も考慮しよう

お歳暮を贈る時期は、贈る品によって日程を考慮する必要があります。
例えばお正月用にと生鮮品を贈る場合、あまり早すぎても賞味期限がギリギリになったり、保管場所に困らせてしまう可能性も。
逆に贈るのが遅すぎても、暮れのあわただしい中で先方が受け取りできないケースも考えられます。
お相手の状況にもよりますが、できれば20日前後に先方へ届くよう手配するのが良いでしょう。

お歳暮を贈る相手は?

お歳暮は両親、親戚、仲人、勤務先の上司、習い事の先生など日頃お世話になっている方へ贈ります。
ただし必ずしも全員に贈らなければならないという決まりはなく、各ご家庭によって贈る方の範囲は異なります。
お歳暮は1回限りの贈り物ではなく毎年継続して贈ることがマナーですので、よく考えて決めましょう。

最近ではお歳暮を購入したお店から先方へ直送が多くなりましたが、お相手のご自宅へ訪問し直接手渡しするのが本来のしきたり。
しかし近年では先方への負担を考慮し、あえて直送を選ぶことも一般的になりつつあります。
直送する際は送るだけでなく、手書きのカードや手紙を添えるか、届く頃に着くように手紙かハガキを送るとよいでしょう。

お歳暮の品選び、どんなものが喜ばれる?

どんなお歳暮が喜ばれるのか、これも悩むところですがお正月にいただける生鮮食品や実用的なものが人気のようです。
普段はなかなか手に入らない地域の特産品なども、珍しいので喜ばれるでしょう。
家族構成や好みなどを考慮し、お相手のことを想って選ぶことがポイント。
あまりに高価すぎるものは受け取る側の負担になってしまうことも。
迷った時は食べ物や普段使いできる調味料・日用品などが無難かもしれませんね。

お歳暮は感謝の気持ちを伝える大切な風習

「お歳暮」というと少しだけ堅苦しいイメージも拭えませんが、普段なかなかお礼が伝えられなかったり、遠く離れている大切な人にありがとうを伝える大切な風習。

特別なもの、高価なものである必要は全くありません。

「今年もありがとうございました、来年もよろしくお願いします」の気持ちをたくさん込めた、愛の溢れるお歳暮を選んでみませんか?

関連するまとめ

知っておきたい、熨斗についてのアレコレ

日本の贈答に欠かせない熨斗(のし)。 正式には「熨斗鮑(のしあわび)」といいます。 今回は熨斗の由来や決まり…

しきたりのひとつ、喪中ハガキの基本マナー

11月に入り、いよいよ年末まであと2か月となりました。 世間では年末年始に関する話題を徐々に耳にする頃でもあ…

入園祝い・入学祝いのマナーあれこれ

春は門出の季節ですね! 桜が満開になる頃には入学式のニュースをあちこちで耳にすることでしょう。 今回は保育園…

関連するキーワード