事納め(ことおさめ)・事始め(ことはじめ)とは

12月8日を「事納め」と呼ぶか「事始め」と呼ぶかは、「事」の考え方によるそうです。

「事」を農作業と考える地域では…

「事」を農作業と考える地域では、農作業を始める2月8日を「事始め」というのに対し、12月8日は農作業を締めくくる日として「事納め」と呼びます。
事始めである2月8日は旧暦にすると3月の中旬くらい。
農作業の始まりとともに新生活のスタートでもある春を事始めと考えられていたのでしょう。

「事」をお正月の神事と考える地域では…

逆に「事」をお正月の神事のことと捉える地方では12月8日が事始め、2月8日が事納め。
12月8日の事始めでは主に新年の準備を始める日とされていますが、江戸時代に大吉日とされた12月13日にお城の大掃除が行われるようになってからは「正月事始め」と呼ばれ12月13日に行うのが一般的になりました。

事八日とは?何をする日?

12月8日と2月8日、この2つを合わせて「事八日」と呼び、何かを始めたり締めくくる大事な日とされてきました。

事八日では何ごとも慎んだほうがよい日といわれているため、この両日は新しく始めることはなるべく控えた方がよいかもしれませんね。

また、事八日では針供養を行う日としても知られています。
針供養とは一般の人をはじめ被服系の学校や畳屋さん・仕立屋さん・畳屋といった普段針を扱う人々が折れた針や曲がった針を供養し、感謝する行事。
昔は女性の重要な仕事であった針仕事もこの日はお休みし、お裁縫の上達を願いながら豆腐やこんにゃくに針を刺して神社に奉納していたそう。

針供養に豆腐が使われるのは諸説あり、大豆にかけて「マメ」に働くようにという意味や、豆腐は針を刺しても痛がらないから、などさまざまな言われがあるようです!

「事八日」を現代の日本の暮らしに取り入れてみよう

私たちの今の暮らしに事八日を取り入れるとすれば、普段愛用している道具のお手入れや片付けをしたり、新調するアイテムを用意したり…といったところでしょうか。
来年の手帳をまだ買っていないという方は、今日あたり準備するのもよいかもしれませんね。

あわせてご家庭にある裁縫道具をチェックし、折れた針を片付けたり糸の補充をするなどの点検をしてみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ

由来を知ればもっと大切にしたくなる。秋のお彼岸、秋分の日

祖先を敬い、亡くなった方々の御霊を偲ぶ意味を持つ秋分の日。 秋分はちょうど秋のお彼岸の中日にあたり、2017…

いつもの感謝を言葉とカタチにする「母の日」

お母さんありがとう。いつも一番に伝えたいのになかなか伝えられないのがお母さんへのこの一言なのではないでしょう…

冬のスタート地点「立冬」

平野では紅葉の時期ですね。二十四節気では立冬に入ります。 2017年の立冬は11月7日。いよいよ寒さも本格的…

関連するキーワード