年賀状の歴史

年賀状とは、新年を祝って離れた相手へ書き送る年始状。

新年の挨拶状である年賀状の歴史を辿ると、一説には平安時代くらいには年始の挨拶を記した例文が書き残されているといわれています。
また貴族の間では、すでに離れた場所に住んでいる人にあてて書状で新年の挨拶をする習わしがあったそうです。
その後、江戸時代になると「飛脚(ひきゃく)」が誕生したことにより一般的に普及。
その後明治初期くらいまでに離れて暮らす両親や親戚、師匠などに年始の挨拶として送られる習慣が根付いていたそうです。

本来年賀状は1月2日の書初めの日に書き、7日の松の内までに出すものでしたが今では元旦までに届くように書くことが一般的となっています。

知っておきたい、年賀状のマナー

年賀状はテンプレートを利用すれば誰でも簡単に作成することができますが、年賀状の文面にもマナーが存在します。
年始早々に失礼がないように、基本的なマナーを知っておきましょう。

賀詞は送る相手によって使い分けが必要

年賀状は新年の挨拶であることから「謹賀新年」「迎春」などの賀詞を書くことが基本ですが、賀詞は相手によって使い分けが必要です。
目上の方には「福」や「賀正」など一文字あるいは二文字の賀詞は相手への敬意に欠けるためマナー違反と考えられています。

年上の方、目上の方へ送る年賀状に使用する賀詞は「謹賀新年」「謹賀新春」「恭賀新年」などが適しているでしょう。

相手によって使い分けができない場合には、「新春のお慶びを申し上げます」「あけましておめでとうございます」や、よりカジュアルにしたい時は「Happy New Year」など相手を選ばずに使える賀詞がオススメです。

賀詞の重複に注意

賀詞を使う際は、意味が重複しないよう注意が必要です。
「新年あけましておめでとうございます」というフレーズ、テレビでも耳にすることがありますね。
「あけまして」には「新年が明ける」意味がすでに含まれているので「新年」と「あけまして」では意味が重複されています。
正しくは「新年おめでとうございます」となります。

忌み言葉は避ける

年賀状では、縁起がよくないとされる忌み言葉は避けましょう。
「去年はお世話になりました」とうっかり去年と書いてしまいそうになりますが、「去る」は忌み言葉に含まれます。
前年を意味する言葉を書きたい場合には、去年ではなく「昨年」や「旧年」を使いましょう。
そのほかにも「切る」「離れる」「失う」などの単語も避け、別の言い回しになるような言葉選びが必要です。

添え書きに句読点は不要

年賀状は、賀詞に続いて昨年のお礼や挨拶・近況などを書き、新年の年号で締めるのが一般的。
その際の添え書きには句読点はつけないのがマナーです。
それには年始に区切りをつけない、という意味が込められているそうです。
添え書きには挨拶に加え、何年も直接会っていない方へはご無沙汰していることのお詫びも一言添えて近況を伝えるとよいでしょう。

マナーを守って年賀状で想いを伝えよう

メールやSNSが普及している昨今ですが、やっぱりもらうと嬉しいのが年賀状。
年に一度、離れている相手へ新年の挨拶とともに想いも伝える年賀状はできる限り続けていきたい習慣ですね。

知らなかったでは失礼にあたってしまうこともある、大事な年賀状のマナー。
お正月や年始は特に縁起を気にする方が多いですので、ずっと手元に残ってしまう年賀状でのマナーには特に気を配りましょう。

関連するまとめ

入園祝い・入学祝いのマナーあれこれ

春は門出の季節ですね! 桜が満開になる頃には入学式のニュースをあちこちで耳にすることでしょう。 今回は保育園…

しきたりのひとつ、喪中ハガキの基本マナー

11月に入り、いよいよ年末まであと2か月となりました。 世間では年末年始に関する話題を徐々に耳にする頃でもあ…

喪服の種類と格式について知っておこう

人生には必ず悲しいお別れがやってくるもの。 訃報を受けた時、自分の立場や出席する場面によって装いのルールが異…

関連するキーワード