虫干しとは

虫干しとは着物や衣類などを日光と風に当てて、湿気をとり虫の害から防ぐこと。
夏の間衣類についてしまった虫のタマゴがかえる時期である10月から11月ごろに、虫を落とすために行われていたことからその作業を「虫干し」と呼んでいたそうです。

着物の敵は「湿気」と「虫」!

着物をきれいな状態で保管するには、湿気と虫から守ることがとにかく大事です。
着物をたとう紙から出して干し、またきれいに畳むと言う一連の作業、なかなか腰が上がらないのも実情ではありますが
大切な着物を長くきれいに保つにはやはり虫干しは大切。
最低でも年一回は虫干しで着物に風を入れてあげて、湿気を取り除いてあげましょう。

着物の虫干し。#日本の暮らし #暮らし #日々の暮らし #日々 #着物 #虫干し #instagramjapan #kimono

日本の暮らしさん(@nihonnokurashi)が投稿した写真 -

虫干しはいつするのが適切?

着物の虫干しのタイミングについてですが、年3回適している時期があるといわれています。

土用干し(7月下旬~8月)

7月から8月頃に行うのが土用干し。梅雨の間にたくさん含んだ湿気を追い出してあげる役割があります。

虫干し(10月上旬~11月)

虫干しの語源にもなっているこの時期は空気が乾燥し始め、比較的晴天が多いので夏にこもった湿気を追い出すのにもよいタイミングです。

寒干し(12月~2月)

1年のうちでもっとも空気が乾燥しているといわれている1月~2月。
湿度が一番低いこの時期が、虫干しをするのに最も適しているといわれています。

早速やってみよう!虫干しの基本

虫干しは、晴天の日に行います。
前日のお天気が雨の日ではなく、少なくとも3日間ほど晴天が続いた日がベスト。
時間帯は10時頃から15時くらいまでの間で、着物を一枚づつハンガーにかけて風通しのよい日陰に2〜3時間ほど干しておきます。
虫干しをしながら着物の汚れや虫食いなどの点検を同時に行いますが、たとう紙や防虫剤もこのタイミングで新しいものに交換するとよいでしょう。

大切な着物を長く大事に

どうしても虫干しする時間が取れない!そんな時は風通しのよい部屋でタンスを開けておくだけでも違いますが
できれば年に一回でも点検の意味を込めて着物を干し、タンスに風を入れてあげることが大切です。

着物は、きちんとお手入れをして適切に保管しておけば受け継いでゆくことができるもの。
モノを大切にし、引き継いでゆくことの素晴らしさも代々伝えていきたいと思います。

関連するまとめ

最上のお祝いを装いに。黒留袖の基本とマナー

既婚女性の正装である黒留袖。 限られた立場とシーンでしか着用できない特別な装いです。 黒留袖の基本と、着こな…

七五三のお子さまの服装は、着物を選んでみませんか?

お子さまの成長の節目をお祝いする行事が七五三。 男の子は5歳、女の子は3歳と7歳に行うのが一般的です。 一生…

よそゆきからカジュアルまで!小紋はとっても便利な着物

小紋はお食事会や観劇、お稽古など幅広いシーンで大活躍する着物。 今回は、TPOに応じて幅広く活用できる小紋に…

関連するキーワード