冬至とは

冬至は北半球で、一年のうちで最も昼間が短く、夜が長いとされる日。
旧暦では暦を計算する上で、起点となる大切な日でありました。

夏至からだんだん日照時間が少なくなり、この冬至では正午の太陽高度が最も低くなることから太陽の力が極めて弱い日とも考えられています。

一陽来復って何?意味は?

一陽来復とは、中国の易経の言葉で「いちようらいふく」と読みます。
悪いことが続いたのちによいことが巡ってくることや、長い冬が終わって春が始まるということを意味するものです。
冬至を境に幸運がたくさん舞い込んでくる、と気持ちを切り替えるよいタイミングでもあります。
来年の目標を立てるベストな時期ともいえるでしょう。

冬至は何を食べる?

冬至では、かぼちゃを食べて無病息災を願うとされています。
また名前に「ん」のつく食べ物も縁起がよいのだとか。
かぼちゃの漢字表記は南瓜(なんきん)、「ん」が2つも付いています。
ほかにもにんじん、れんこん、りんご、みかん、こんにゃく、うどん…。
私たちの身近にある「ん」のつく食べ物、たくさん思いつきますね!

冬至といえば柚子湯

幼い頃、母が毎年冬至に柚子をお風呂に浮かべてくれたことを懐かしく思い出します。
冬至の柚子湯は風邪をひかないとされ、江戸時代に始まった日本の古き良き風習となっています。
そのほかにも柚子=融通(ゆうずう)や冬至=湯治(とうじ)をかけた語呂合わせが由来という説もあるようですが
冬至の別名が一陽来復であることを考えると、この日に身を清めるという理解が一番しっくりくるのではないでしょうか。

柚子は血行促進効果が期待でき、また柚子独特の香り成分「リモネン」にはリラックス効果があるといわれています。
疲れた体を癒すには柚子湯が最適ですね。

夜はすっかり寒さが厳しいこの頃、明日の夜は柚子湯で体の芯までしっかり温まりましょう!

冬至は気持ちをポジティブに!

日がとても短くなり、暗くなるのが本当に早くなりました。
夕方になるのがあっという間で、年末の気忙しさも手伝ってなんとなく物悲しい気持ちになったりすることも…。

そんな頃ですが、冬至は旧暦では春の始まりを意味します。
一陽来復の意味を大切にし、冬至には来年の夢や目標を立てながら気持ちを明るく前向きに持ち、年末まで楽しく元気に過ごしたいですね。

関連するまとめ

秋の入り口、白露とは

9月7日の今日は二十四節気では「白露」と呼ばれています。 にぎやかだった夏がひと段落し、だんだんと日が短くな…

11月23日は「勤労感謝の日」

「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」を目的とした祝日「勤労感謝の日」。 由来を知り、改めて…

無病息災を願っていただく「鏡開き」

1月11日は鏡開きを行う日。 「割る」や「切る」ではなく「開く」という言葉が使われる鏡開き、一体どんな風習な…

関連するキーワード