冬の柑橘、柚子とは

柚子はミカン科の果実です。
原産地は中国の揚子江上流といわれていますが、江戸時代から冬至には柚子湯として柚子が使われていることからわかるように日本でも古くから栽培されています。
奈良時代には柚子が薬用として、そして食酢として使われていたそう。
今では調味料や薬味をはじめ、日本食には欠かせない果実となっています。

柚子の旬は?産地は?

柚子には青柚子と黄柚子があり、ゆずこしょうなどの原料となる青柚子は夏、そして私たちになじみのある黄柚子は11月から1月ごろが旬。
みかんやレモンなどの柑橘系は通常寒さに弱いのですが、柚子はとても寒さに強い果実として知られています。

日本では高知県や徳島県、愛媛県が産地として有名です。

柚子の成分、栄養について

柚子はどちらかというと薬味など脇役的な存在で使うことが多いですが、柚子に含まれる栄養分を見逃すことができません。
柚子の持つ驚くべき成分についてみてみましょう。

優れた抗酸化ビタミンがたっぷり

柚子には活性酸素の働きを抑える作用があるビタミンAやC、Eなどの抗酸化ビタミンが豊富に含まれています。
なんとビタミンCはレモンの約3倍も含まれているそう。
お肌にはもちろん、これからの季節は免疫力の高い体づくりに柚子が欠かせなくなりそうです。

血液サラサラ効果が期待できる!

柚子に含まれている成分で注目すべきは「ヘスペリジン」。
ヘスペリジンの含有量は果実の中で柚子がトップクラスといわれています。
血圧をダウンさせる働きや中性脂肪を効率よく燃焼させる働きを持つため、健康維持の強い味方に。
ヘスペリジンは特に柚子の白いワタのところに含まれているそうです。

また、柚子には血液の流れをよくする効果が期待できるため、柚子湯の後は体がポカポカ!
この時季の冷え切った体を温めるのに最適です。

心もからだもリラックス

香りをかいだだけで癒される、さわやかで独特の和の香りを持つ柚子。
柚子の香りに包まれると誰もがうっとりとしてしまうのではないでしょうか。
柚子に含まれる精油成分「リモネン」には心身をリラックスさせる効果があるそうです。
イライラやストレスの緩和などに役立つといわれているため、アロマテラピーとしても使用されています。

また柚子はお正月のおせちやお吸い物など、ハレの日の料理によく使われるもの。
柚子の香りがどこか懐かしく、幸せな気持ちが引き起こされるのはこのような理由なのかもしれません。

柚子の魅力が引き立つメニューをご紹介

香り、味ともに最高である今が旬の柚子。
柚子といえば柚子茶やジャムなど、イメージするものはお家にいつもストックしていたくなるようなものばかり。
柚子はそのままパクッと食べるほかの柑橘フルーツとはちょっと違いますが、調味料やドリンクとして果汁・皮を余すことなく使えます。

今回は、柚子の魅力が最大限に引き立つメニューを2つご紹介しましょう。

サーモンステーキに柚子バターしょうゆソースがぴったり!

関連するまとめ

旬をいただこう!〜師走(12月)編〜

家族でお鍋を囲む日が増える冬。 寒さが肌にしみる冬は温かい食べ物が恋しいですね。 本格的な冬のスタート、12…

驚くべき万能食!スーパーフード、梅の効用

梅といえば日本人の食卓に欠かせない梅干し。1日に2、3粒食べると体に良いとされているほどすばらしい効力を持つ…

旬をいただこう!~長月(9月)編~

いよいよ9月。 まだまだ暑さが残っているものの、ふとした風に秋を感じる頃。 9月は食欲の秋と呼ばれ、たくさん…

関連するキーワード