おせちとは

おせちは、もともとはお正月だけでなく節句に神様にお供えするためのお祝いの料理でした。
節句といえば3月の桃の節句や5月の端午の節句など、季節の変わり目の行事ですが
その中でもお正月が一番重要視されていたことから、のちにお正月のための料理となったようです。

現代では三段のお重が一般的ですが、おせちは正式には四段あるいは五段重が基本です。
重箱を使うのには「福」や「めでたさ」を重ねる意味が込められています。

また、料理一つひとつにも意味があり、料理の品数も縁起がよいとされる吉数(5、7、9)が使われます。

ここでは今の暮らしに取り入れやすく三段重でのおせちをみてみましょう。
(地域や地方によってお重の段数や品数は異なります)

一の重

祝い肴または口取りと呼ばれるものを入れるのが一の重です。
田作り・数の子・きんぴら・豆など主にお酒のおつまみとしていただく料理と、かまぼこ・栗きんとん・伊達巻・昆布巻きなどの口取りが詰められます。

二の重

海の幸を中心とした焼き物と酢の物が入るのが二の重。
タイやエビなどの焼き物や、紅白なますなどが入ります。

三の重

お煮しめが入ります。
使われる食材はレンコン・里芋・ニンジン・ゴボウ・八つ頭・くわいなど。

おせち料理の意味とは

おせちの中身はすべて縁起のよい意味が込められています。
ご存知の方も多いかと思いますが、改めて代表的なものをご紹介しましょう。

黒豆

つやつやした姿が美しい黒豆。マメに働けますように、無病息災でありますようにといった願いが込められています。

田作り

昔は田んぼの肥料として小魚(イワシなど)が使われていたそうで、五穀豊穣を願うものです。

栗きんとん

お子さまから大人まで皆大好きな栗きんとん。
栗きんとんの美しい金色は財宝に例えられ、金運アップを願います。

関連するまとめ

旬をいただこう!~弥生(3月)編~

気づけば3月も中旬へ。 朝晩は寒さが残るものの、日中は確実に春へと向かっているのが感じられる今日この頃です。…

おいしくて栄養満点!冷や汁で残暑を乗り切ろう

宮崎県の郷土料理「冷や汁」。 郷土料理といっても地元の方たちには身近な家庭料理として親しまれているのだとか。…

旬をいただこう!~如月(2月)編~

立春を過ぎて暦の上は春ですが、実際はとても寒い日々が続いています。 寒さで体調を崩してしまった…なんて方もい…

関連するキーワード