年越し蕎麦に込められた意味とは

年越し蕎麦は、もともとは江戸時代の中期に集金や棚卸しで忙しい商家が毎月月末の夜遅くに蕎麦を食べる習慣があったものが形を変えて残ったといわれています。
年越し蕎麦に込められた意味としていくつかの解釈があるようですので、ここでいくつかご紹介しましょう。

長寿を願うものとして

蕎麦は細くて長いことから、蕎麦のように寿命が延びますようにという願いが込められています。
また蕎麦が雨風にも強く、厳しい気候条件でも育つ植物であることも健康や長寿の縁起が担がれているようです。

運気上昇を願うものとして

その昔、鎌倉時代に町人に向けて「世直し蕎麦」と呼ばれる蕎麦もちを振る舞ったところ、翌年からその人たちの運気が上がったという説があります。
そこから大晦日にいただく年越し蕎麦にも、運気上昇の願いが込めらえていると考えられているそうです。

厄払いとして

蕎麦はほかの麺類に比べて切れやすいことから「一年にあった苦労や嫌なことが切り離せますように」という厄払いとしての意味合いがあるともいわれています。
その際は蕎麦を残さずに全部いただきましょう!

年越し蕎麦はいつ食べるもの?

年越し蕎麦の食べ方にこれといった決まりはないようです。
地方や各家庭によって大晦日に食べるというところや、年越しギリギリに食べるというところなどさまざま。
しかし、年が明けてしまってから食べることはあまり縁起がよくないとされています。
大晦日のあいだ中に、それぞれのご家庭のタイミングで食べるのがよいでしょう。

年越し蕎麦を食べて一年無事に過ごせたことに感謝しよう

今まで大晦日だからと何気なく食べていた蕎麦ですが、年越し蕎麦にはたくさんの願いが込められているのですね。

蕎麦には良質なタンパク質や食物繊維が含まれている体によい食べ物。
また、高血圧や生活習慣病を予防するのを助けるルチンも多く含まれています。

今年一年、無事に過ごせたことに改めて感謝をし、家族皆で年越し蕎麦を食べて
元気に年越ししましょう!

関連するまとめ

台風に注意をする日「二百十日」

暦の雑節のひとつである二百十日(にひゃくとおか)。 立春から数えて二百十日目であることからこのような名前が付…

無病息災と子孫繫栄を願う亥の子祝い

11月1日は今月最初の亥の日。 旧暦の10月の第一亥の日は「亥の子祝い」という年中行事があります。 あまり聞…

一年を締めくくる月「師走」

いよいよ明日から12月。 早いもので今年もあと一ヶ月となりました。 一年の締めくくりである「師走」の語源や、…

関連するキーワード