年末の定例行事である大掃除

大掃除は、年始をきれいに気持ちよく迎える準備のひとつ。
1年のうちに家の内外に溜まった汚れを落とし、新しい年を気持ち新たに迎えるという年末の大切な行事です。

私たち日本人にとって年末の定例行事となっている大掃除ですが、平安時代に宮中で行われた12月13日の「すす払い」が起源だといわれています。

大掃除の起源となったすす払いとは

すす払いとは、お正月に年神様をお迎えするのに家の中と外をきれいにする、お清めのための年中行事です。

昔は薪や囲炉裏を使用していたので家の中はすすでたくさん汚れていました。
かつて一部の地域では、枝葉のついた「すす竹」と呼ばれる竹や、竹ざおの先にわらの束をくくりつけた「すす梵天(ぼんてん)」と呼ばれる道具を使ってすすを払う習慣もあったのだとか。

すす払いが12月13日なのは、江戸時代の江戸城の大掃除がこの日だったからという説があります。
また12月13日はお正月の準備を始める「正月事始め」の日。
この日を境に年始の準備に取りかかるのが習わしでした。
すす払いは年神様のための大切な行事なので、今でも12月13日にすす払いを行う神社やお寺が存在します。

和室しかなかった頃ですから、全ての部屋の畳を上げてホコリを出したり障子の交換をするなど、当時のすす払いは非常に大掛かりであったことが想像できますね。

現代の暮らしの大掃除事情

現在では仕事納めを終え、冬季休暇に入ってから家族総出で大掃除を行うというご家庭が多いようです。
常に小まめに掃除をしておけば…と毎年思うのですが、知らず知らずのうちに溜まってしまうのが日々の汚れ。

掃除が必要な場所に優先順位をつけて少しずつ掃除ができれば理想ですが、年末はやることがたくさんで慌ただしいものです。
家族で場所を手分けして担当制にするなど、少しでも効率的にお掃除するのがよいでしょう。

トイレやお風呂場といった水回りは、特に清潔にしておきたい場所。
古い歯ブラシや、割り箸にトイレットペーパーを巻きつけアルコールを吹き付けたものは便器内など細かい箇所を掃除するのに便利ですので試してみてください。

小さなお子さまやペットのいらっしゃるご家庭では、体にも環境にも優しい重曹でのお掃除をオススメします!

年末の大掃除で福を呼び込もう

部屋がキレイになると、すっきり清々しく気持ちまで前向きになります。

新しい年を迎える今、年末大掃除で家全体に幸福を呼び込みましょう!

関連するまとめ

冬のスタート地点「立冬」

平野では紅葉の時期ですね。二十四節気では立冬に入ります。 2017年の立冬は11月7日。いよいよ寒さも本格的…

秋を満喫したい、寒露の頃の過ごし方

二十四節気のひとつである「寒露」。秋分から数えて15日目頃のことを指します。 大気の状態が安定し、秋晴れが増…

暑さを吹き飛ばせ!夏の土用「丑の日」

夏の土用といえば真っ先に思いつくのがうなぎですね。 スーパーにおいしそうなうなぎがずらりと並ぶ光景も、我が国…

関連するキーワード