大晦日とは

大晦日の晦日はもともと「三十日(みそか)」といって月の30番目の日という意味を持っていました。
そのうちに晦日が月の最後の日を表す言葉となり、大晦日=1年最後である区切りの日という意味になったそう。

大晦日は年神様をお迎えする1年でも最も大事な日で、かつては眠らずに朝まで過ごす習慣もありました。
今では家族でわいわい、年越し蕎麦を食べながらテレビを見たり賑やかに過ごすことが一般的といえるでしょう。

大晦日といえば除夜の鐘

大晦日の夜にはお寺では除夜の鐘を鳴らします。
この鐘の音を聞いていると、この1年にあったいろいろなことが思い起こされて胸がいっぱいになりませんか?

鐘をつくのは鎌倉時代に中国から伝わったものといわれています。
除夜とは「旧年を取り除く夜」という意味があり、大晦日のことを「除日(じょじつ)」とも呼ぶそうです。

除夜の鐘を108回つく理由

お寺では年越しをはさみ鐘を108回鳴らしますが、その理由をご存知でしょうか。
一番有名な説は、人間の持つ煩悩の数に由来しているというものでしょう。
煩悩の数の数え方には宗派によっても諸説ありますので、ここではその一説をご紹介します。

人間の感覚や意識を司る目・耳・鼻・舌・身・意の「六根(ろっこん)」の6、それらの認識対象となる声・色・味・香・触・法の「六境(ろっきょう)」の6。
そして六根と六境それぞれに「よい・悪い・どちらでもない」の3つの状態を掛け合わせます。

6(六根)×3(状態)=18
6(六境)×3(状態)=18

ここまでで18+18で36となります。

その上で、3つの時間である「過去(前世)」「現在(今世)」「未来(来世)」が関わってくると考えられているため

36×3=108

108が煩悩の数となるという一説です。

掛け合わせていく数字の考え方は、浄(清らか)と染(汚い)の2つを使うパターンも存在します。

ほかにも1年を表すという考え方(1年の「12」か月、二十四節気の「24」、七十二候の「72」の数字を全て足して108という説)も。

先ほどの煩悩の数え方はちょっと難しいですが、なるほど!とうなづいてしまう説ばかりですね。

大晦日は清らかな気持ちで新年を迎えよう

大晦日は1年の最後である寂しさと共に、新しくやってくる年への希望が満ち溢れた1日。
1年のうちで最も大きな節目といってもよいでしょう。

お蕎麦やおせちの準備をしつつ、今年あったできごとを振り返りながら温かく過ごす大晦日。

どうか皆さま、よいお年をお迎えください。
来年もどうぞよろしくお願いいたします!

関連するまとめ

寒さのピークを迎える「大寒」

1月も後半に入り、寒さも一段と厳しくなりました。 今日は二十四節気のひとつ「大寒(だいかん)」です。 大寒と…

冬のスタート地点「立冬」

平野では紅葉の時期ですね。二十四節気では立冬に入ります。 2017年の立冬は11月7日。いよいよ寒さも本格的…

気持ち新たに!6月1日、衣替えの日

いよいよ6月に突入しましたね。 学生の皆さまや制服の導入されている企業は、今日から制服も夏服、一気に爽やかな…

関連するキーワード