七草粥の起源とは

1月7日は五節句のひとつである「人日(じんじつ)の節句」で、もとは中国から伝わった行事です。
人を大切にする「人日の節句」では邪気を祓うため7種類の薬草が入った汁物を食べて、無病息災を願っていたそう。

その習慣が日本に伝達し、もともと日本にあった春に若菜を摘んで食べると邪気を追い払うとされた「若菜摘み」の習慣と結びつき、のちに7日に七草粥を食べるという習慣が庶民にも定着していったといわれています。

七草粥は、おせちやお餅、ごちそうをたくさんいただいたお正月の疲れた胃を休める効果が。
また、七草粥を食べることで冬に不足しがちな青菜類やビタミンを補うことができます。

春の七草をご紹介!!

七草粥に使われる七草は、どれも体によい効果がいっぱい。
古来日本人の知恵を生かし、今日に伝えられた七草粥の七草をご紹介しましょう。

セリ

七草以外でもおひたしなどにも使われる、香りのよいセリ。鉄分やビタミンCがたっぷり、便秘予防にも最適です。

ナズナ

別名ペンペン草と呼ばれるナズナ。熱を下げる作用や止血効果があるそうです。

ゴギョウ

ハハコグサであるゴギョウ。咳や喉の炎症に効果があるそうで、風邪予防や解熱効果が期待できます。

ハコベラ

タンパク質たっぷりのハコベラは、ヒヨコ草という別名も持っています。
ミネラルも豊富に含む栄養満点な薬草です。

ホトケノザ

食物繊維たっぷりのホトケノザ。胃を丈夫にしてくれるそうです。

スズナ

スズナとはカブのことです。
ジアスターゼが含まれているため、胃もたれの改善も期待できます。

スズシロ

スズシロは大根のこと。ごちそうをたくさんいただいたお正月、スズシロは消化不良にもぴったりです。

関連するまとめ

秋から冬へのバトンタッチ、秋の土用

土用ときくと夏の土用の丑の日を連想する方も多いかもしれませんが、実は土用は春夏秋冬それぞれ年4回あります。 …

新たな年を祝う「お正月」

あけましておめでとうございます。 新しい1年の始まり、皆さまどのようにお過ごしでしょうか。 「1年の計は元旦…

梅子黄と梅仕事

季節の区切りを言葉で表現した七十二候(二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間)のひとつ、「梅子黄(う…

関連するキーワード