小正月とは

小正月はもともとは月の満ち欠けを基準にしていた旧暦の名残。
旧暦が採用されていた時代では新年最初の満月である1月15日がお正月でしたが、のちに新暦が導入されたことで1月1日がお正月(大正月)となり、15日を小正月として残すようになったのだとか。
小正月では農作物の豊作と家族の健康を祈願します。

また、1月15日は元旦から忙しく働いていたお嫁さんが里帰りする日でもあるそうです。
年末から慌ただしく動き回っていた主婦をねぎらった休息日といったところでしょうか。

小正月、どんな風習があるの?

この小正月にはいくつかの風習がありますのでご紹介します。

朝ごはんには小豆粥を

小正月の朝は、小豆を入れたおかゆを食べる風習があるそう。
小豆の赤い色には魔除けの意味があり、小豆粥を食べて無病息災を願っていただきます。
また小豆=「まめ」に過ごせるようにという意味も込められている縁起のよい食べ物です!

餅花・まゆ玉を飾る

小さく切った紅白のおもちを使い、ミズキや柳などの枝に飾りつけて新しい年の豊作を願うのが豊作祈願の餅花。
赤白が愛らしい餅花はまるでお花が咲いたようで、まさに新年を迎えた今にぴったりな飾りですね。

ほかにも餅の代わりに米粉を繭の形にした「まゆ玉」や、色とりどりのふなせんべいを使う「だんご木」など、小正月では豊作を祈るために各地で個性豊かに飾りが飾られます。

どんど焼き

地域によって呼び名はさまざまですが、「どんど焼き」「どんどん焼き」「左義長(さぎちょう)」「さいと焼き」などといわれる行事が行われます。
これは日本各地で行われる小正月の火祭りで、元旦にお迎えした年神様を立ちのぼる煙とともにお送りするもの。

やぐらを組んでお正月に使ったしめ縄・門松・書き初め・祈願成就しただるまなどを家々から持ち寄り、一つの場所で燃やし無病息災・家内安全を願います。

どんど焼きの火にあたり、スルメイカやお団子などを棒に刺して焼いて食べることでその1年風邪をひかないといわれているそうですよ!

古きよき日本の風習がたくさん詰まった小正月

小正月に行われる数々の習わしは、今でも日本各地で受け継がれています。

今週末である1月15日はちょうど日曜日。
皆さまのご近所では、どのような行事が行われるのでしょうか。
どんど焼きを行う神社も多いかと思いますので、ぜひとも正月飾りや書き初めを持ち込んで古きよき日本の風習を体験してみてくださいね!

関連するまとめ

秋が深まり、初霜が静かに降りる頃「霜降」

朝晩は冬を思わせる寒さに、お布団からなかなか出られなくなりました。 10月23日は二十四節気では「霜降(そう…

季節の節目、夏の入り口「夏至」

ここのところすっかり日が長くなりましたね。 帰宅中ふと見上げた空にまだほんのりと明るみが残っていることに気づ…

冬の終わり、そして春への第一歩「冬の土用」

冬の土用とは、立春(2/3)までの約18日間に当たる期間を示す雑節のひとつです。 土用といえば夏のイメージが…

関連するキーワード