絵馬とは

絵馬とは、祈願をする際や祈願が叶ったあとのお礼参りの時に奉納する、絵が描かれた板のこと。
奉納者が自分で書いて奉納する小さな絵馬が一般的ですが、大人数で奉納するような大きな絵馬も存在します。
描かれている図柄はその年の干支や松竹梅など縁起のよい柄、祈願にまつわるものなどさまざまです。

絵馬の由来は

絵馬は、奈良時代より伝わる神馬(しんめ)という行事に由来しています。
かつて日本では、神様へ祈願する際には神社やお寺へ馬を奉献するという風習が存在していたのだそう。
しかし生きた馬を奉納するのは大変であったため、生きた馬に代わるものとして駒形と呼ばれる、馬をかたどった作り物が使われるように。
のちに馬を板に描いた今の絵馬を代用として奉納されるようになったといわれています。

絵馬に書く願い事とは?正しい書き方はあるの?

絵馬というと受験の合格祈願のイメージが強いものですが、受験以外でもどんな願い事でもOKです。
縁結びや家庭円満、商売繁盛、子宝や安産などさまざまな願い事が絵馬に託されています。
願い事の内容にあった神様が祭られている神社へ行くという方も多いかもしれません。

気になる絵馬の正しい書き方ですが、必ずといった決まりがあるわけではないそうですが、
絵馬の一般的な書き方と気をつける点についてまとめてみました。
神社やお寺によって違いがある場合がありますので、迷った時には受付で相談してみてくださいね。

1.絵馬の裏面(絵が描かれていない側)に願い事を書く

絵が描かれている側が絵馬の表面です。
何も描かれていない側の裏面へ願い事や感謝の気持ちを記入します。
絵馬所は屋外にあることがほとんどですので、雨でも消えてしまわないよう必ず黒の油性ペンを使いましょう。

2.願い事は簡潔に分かりやすく

書く願い事は簡潔に、そして具体的に分かりやすくが鉄則。
例えば合格祈願であれば
「○○大学へ受かりますように」ではなく
「○○大学○○学部合格」といったように、言い切りの形で具体的に書くことがポイントです。

3.住所と名前を書くのを忘れずに

個人情報云々の時代ではありますが、絵馬には一般的には住所と名前を書くことが正しいとされています。
最近では個人情報を保護するためのシールが用意されている神社もあるのだとか。
どうしても住所や名前を書くことに抵抗があるという方は都道府県だけ、あるいは名前のイニシャルでも問題ないそうです。

4.願い事はひとつだけ

絵馬に書く願い事はひとつだけにします。
一番叶えたい願い事を記入するようにしましょう。

関連するまとめ

食品の消費期限と賞味期限を考えよう

スーパーなどで食品を購入する際に必ず目にする「消費期限」と「賞味期限」。 それぞれの正しい意味を知っているで…

重曹は家事の強ーい味方

家事に重曹を活用している方が増えているようです。 幅広い使いみちと環境へのやさしさが人気の重曹は、色々な家事…

一人の自分時間を過ごすなら朝がおすすめ!

忙しい毎日、なかなか一人の自分時間が取れない…とお悩みではないですか? そんな時は、ちょっとだけ早起きしてつ…

関連するキーワード