ひな祭りの由来とは

ひな祭りは、正式には「上巳の節句」「桃の節句」といわれる五節句のひとつです。
もともとは旧暦3月の最初の巳の日に男女関係なく行われていた行事で、今のような女の子のための節句ではありませんでした。
季節の変わり目である上巳が災いの起きやすい忌み日と考えられていたことから、貴族の間で厄払いとして曲水の宴が行われていました。

曲水の宴というのは平安時代に行われていた行事で、宮廷の庭に小川をつくり、流れてきた杯が自分の前を通り過ぎないうちに短歌を読むという行事だそう。

また、自分の災いを紙人形に託し川へ流す「流し雛」といった風習も生まれました。

これらに加え、平安時代に宮中や貴族の女児が行う「ひいな遊び」という人形遊びの言葉が合わさり、徐々に女の子の厄除けと成長を願う現在のひな祭りのスタイルになったと考えられています。

ひな人形はいつ出していつしまうの?

ひな人形は、前の晩に急いで飾る一夜飾りは縁起が悪いとされています。
ひな人形を出す時期は立春(2/4頃~)を過ぎたあたりから、ひな祭りの一週間前くらいが理想でしょう。

気になるのが、ひな人形を片付けるタイミングですね。
我が家でも、3日を過ぎてからもひな人形を飾ったままの年には「お嫁さんにいけなくなるよ」などとからかわれたものでした。
確かに、3月3日の節句が終わったらひな人形はできるだけ早く片付けた方がよいといういわれがありますが
これには片付けがきちんとできないのはルーズであるという意味や、厄払いの意味を持つひな人形を長く出しておくのはよくないという意味合いからだそう。
ただしひな人形を片付ける際には天候も重要です。
大切な人形に湿気を含ませないよう、数日晴天が続いた空気の乾燥している日中に片付けましょう。

ひな祭りのごちそうにも意味が込められている!

ひな祭りといえばひし餅やひなあられ、ちらし寿司やハマグリのお吸い物が定番ですが
これらの食べ物ひとつひとつにも大切な意味が込められています。

例えばひし餅は、色がポイント。
諸説あるもののひし餅の桃色は桃の花で「魔除け」・白色は雪で「清浄や長寿」・緑色は芽吹きや大地で「魔除けや健康」などと三色合わせて意味を持ち、子どもが幸せで健やかに成長しますようにと親の切なる願いが込められています。

そしてハマグリは2枚の貝がぴったり合い、他の貝殻とは合わないことから夫婦円満・夫婦和合の象徴。
ひな祭りではハマグリがお吸い物の具に使われます。

いつまでも大切にしたいひな祭り

女の子の健やかな成長を祈る行事であるひな祭り。
寒さも緩み始め、春の訪れを日本の風習を通じて感じることができるのはとても幸せなことだと感じます。

我が家の娘たちも数日後に迎えるひな祭りをとても楽しみにしている様子。
家族みんなで楽しめる日本の大切な風習、ささやかでも次代へとしっかりとつなげていきたいと心から感じました。

関連するまとめ

無病息災を願っていただく「鏡開き」

1月11日は鏡開きを行う日。 「割る」や「切る」ではなく「開く」という言葉が使われる鏡開き、一体どんな風習な…

気持ち新たに!6月1日、衣替えの日

いよいよ6月に突入しましたね。 学生の皆さまや制服の導入されている企業は、今日から制服も夏服、一気に爽やかな…

9月1日は防災の日

防災の日は関東大震災を教訓として、人々の防災意識を高めるために制定されました。 防災の日となったのにはどのよ…

関連するキーワード