はとむぎとは?

はとむぎとはイネ科ジュズダマ属の一年草で、雑穀の一種。
日本にはとむぎがどのように伝わったかはっきりとしていませんが、鑑真和上が中国から伝えたという説や、加藤清正が朝鮮半島から持ち帰ったなど諸説あるようです。
中でも世界三大美女のひとりである楊貴妃も美肌のためにはとむぎを食していたなんて説もあるのだとか。

はとむぎは江戸時代の中期にはすでに日本に存在し、江戸時代末期ごろまで「ヨクイ」「トウムギ」「シコクムギ」などと呼ばれていたそう。
明治時代になり「はとむぎ」という呼び名が一般的になったといわれています。

はとむぎは漢方!?

はとむぎというと食品を連想しますが、はとむぎの果実の殻を脱穀した白い部分は「ヨクイニン」と呼ばれています。

ヨクイニンは古くより漢方薬として使われており、中国で記された漢方の原典「神農本草経」でははとむぎを上薬として紹介されているそう。

ヨクイニンは主に水分代謝をよくすることや、気を益すといった効果が有名であったといわれています。

また日本でも江戸時代、薬用植物についての学問である「大和本草」の中でもはとむぎについて記されており、そこでは美肌への効果やイボ取りの効果などの記載があるそうです。

はとむぎの体への期待できる効果は?

はとむぎにはビタミンやミネラル、鉄分、食物繊維がとっても多く含まれています。
中でもビタミンやミネラルは、外食が多い方や偏食がちの方など栄養バランスの偏りにお悩みの方に特に必要な栄養素。
毎日のお茶をはとむぎ茶にすることで手軽においしく摂取できますね。

また、はとむぎには新陳代謝を増進させる働きや胃腸を整える働き、消耗した体を回復させる滋養強壮の働きなど強力な効能・効果があるといわれています。
さらに体内の水分や血液の代謝を促して解毒させる作用や、民間療法としてイボ取りにも利用されているそうです。

はとむぎがこれだけ古くから愛されて食べ続けられているのにはこれだけの強力な効能があったからなのですね!

ハトムギはどうやって取り入れる?

私たちの食生活にはとむぎを取り入れるとしたら、お茶として飲むのが一番身近で簡単ではないでしょうか。
はとむぎ茶は普通の麦茶ととても似ていますが、はとむぎ茶の方がより香ばしく独特のコクを感じるかもしれません。
麦茶と同じくノンカフェインなので、お子さまからお年寄りまで安心して飲むことができます。

またはとむぎでお粥にしたりご飯と一緒に炊くといった使い方も。
はとむぎの入った雑穀ごはんはもっちりとして食感もよく、甘みも増すのでとてもおいしいですよ。

食品以外であれば化粧水や美容液、入浴剤としても使われることも多いはとむぎ。
はとむぎが使われた化粧水は透き通るようなお肌へと導いてくれるといわれています。
ワントーン明るいお肌も夢じゃないかもしれませんね!

はとむぎでもっと健やかに、もっと美しく!

ヨクイニンという漢方薬として用いられているはとむぎ。
楊貴妃も美容食として愛用していたといわれているはとむぎは、その高い栄養価や効能により古くから人々に親しまれてきました。
食生活が乱れがちな私たちの美容と健康の、強ーい味方になってくれそうですね。

雑穀というとヘルシー志向の方が食するものというイメージが強いかもしれませんが、現代人こそ積極的にはとむぎを摂取すべきものかもしれません。

お茶や主食米として、そしてお肌のお手入れとして毎日の生活にはとむぎを取り入れてみてはいかがでしょうか!

関連するまとめ

難しい栄養バランスは色でカンタンに!

毎日の朝ごはんやお弁当。できるだけ栄養バランスの整った食事を作ってあげたいですよね。 食材ひとつひとつから栄…

旬をいただこう!~如月(2月)編~

立春を過ぎて暦の上は春ですが、実際はとても寒い日々が続いています。 寒さで体調を崩してしまった…なんて方もい…

旬をいただこう!~長月(9月)編~

いよいよ9月。 まだまだ暑さが残っているものの、ふとした風に秋を感じる頃。 9月は食欲の秋と呼ばれ、たくさん…

関連するキーワード