羽毛布団の干し方の基本

羽毛布団はもともと吸湿性に優れているので、綿布団のように頻繁に干す必要はありません。
月に1〜2回程度で十分です。
干すことで中の空気がふくらみ、より保温性を高めることができます。また、日干しすれば日光消毒にもなります。

羽毛布団を干す時間帯は?

羽毛布団を干すのに適している時間帯はいつなのでしょうか。

羽毛布団を干す時間帯は、空気が乾燥する午前10時~午後3時ごろの間の2時間前後がよいそうです。
早く出かけなくてはならないからといって朝早い時間帯に布団を出してしまうと、まだ空気中に湿気が多く含まれているので逆効果になりやすいのだとか。

干す際は片面だけでなく、できるだけ表と裏を各1時間ほど日に当てることが理想です。

朝夕の湿気が多い時間帯を避け、午前10時から午後3時(冬は午後2時)までの間に、片面1時間ずつ、合わせて2時間程度、日陰で風通しの良い場所に干します。晴れていても、雨の日の翌日は、前日の湿気が残っているのでやめておきましょう。

晴れの日でも要注意!

お布団を干すタイミングも重要です。
どんなに晴れていても、前日雨が降った日は空気中に湿気が残っているそう。
お天気が2〜3日続いた、空気が乾燥している日を選びましょう。

羽毛布団を干す際、やってはいけないことは?

それでは、羽毛布団を干す際にやってはいけないこととは何でしょうか。
羽毛布団を長く大切に使うため、これだけは避けたいという行為を2つご紹介いたします。

1.羽毛布団を叩く

お布団を干した時、つい布団たたきで叩いてしまうなんてことはないでしょうか。
パンパンと叩くことで、ホコリやダニが飛んでお布団がキレイになるような気がしますよね。
しかしこの行為は、ダウンや側生地を傷めることになりますので羽毛布団では絶対にやってはいけないことなんだそう。

布団叩きで、羽毛布団を叩くのはおやめ下さい。羽毛布団の側生地が痛むと目詰め加工した部分から大切な羽毛が噴き出す原因になります。また、羽毛自体が痛んでしまう原因ともなります。最終的には、羽毛布団の寿命を縮めてしまう結果になりかねません。

2.直射日光に当てる

いくらしっかりお日さまに当てたいからといって直射日光の当たるところに羽毛布団を干すことは避けましょう。
直射日光は、天然素材である羽毛はもちろん、生地の側面の色あせや傷みの原因にもなってしまいます。

羽毛布団を取り込んだら…

直射日光を避け、片面1時間ずつ干したフカフカの羽毛布団。
取り込んだら、羽毛布団の表面に掃除機をかけると表面についたホコリやダニを吸い取ってくれるそうです!

強く引っ張ると側生地を傷めてしまいますので、やさしく丁寧にを心がけるとよいですね。

布団の表面にゆっくりと丁寧に掃除機をかけてください。表面に付いたホコリやダニが除去され、より清潔を保てます。キルティングの縫い目にもホコリが付きやすいので、できればブラシで丁寧に取り除いてください。側生地を傷めないよう、掃除機で強く押したり激しく吸引しないでください。羽毛布団はやさしく丁寧に取り扱いましょう。

羽毛布団を正しく干して長く大切に

関連するまとめ

たくさんの想いや願いが込められた「絵馬」

受験シーズン真っ盛り。 今週末は大学入試センター試験もあり、受験生にとって一番大切な時期ですね。 受験といえ…

日常にグリーンのある生活を

お部屋のインテリアとして観葉植物やグリーンを置いてみませんか? リビングやキッチン、ベッドルームなどにちょこ…

「いつもありがとう」気持ちと一緒に渡すプチギフト

職場の同僚や友人、いつも助けてくれる人たちへお礼をしたい時、どうしていますか? 大きなお礼だと逆に相手に負担…

関連するキーワード