衣替えの由来は?

衣替えは、季節の節目に季節に応じて衣服を変えることをいいます。
これはかつて、平安時代の宮中で旧暦4月1日と10月1日を更衣の日と定められていたことに由来しているそうです。

更衣の日では4月には冬装束から夏装束へ、10月には夏装束から冬装束へと改めるしきたりがありました。さらに鎌倉時代には道具や家具のような調度品もこの時期に改められていたのだとか。

そして江戸時代。木綿の普及により衣類が多様化し、江戸幕府が年4回の衣替えを制度化。
やがて庶民にも衣替えの風習が広まり、
春と秋が裏地付きの着物である「袷」、夏は裏地のない「帷子(かたびら)」、秋から冬は寒さ対策のされた綿入りの着物である「綿入れ」を着るようになったといわれています。

明治時代に入り、改めて6月1日と10月1日を「衣替え」の日と定められ今に至るそうです。

江戸時代になると着物の種類が増え、江戸幕府は公式に年4回の衣替えでの出仕を制度化した。
武家の制服は、旧暦の4月1日 - 5月4日が袷(あわせ=裏地付きの着物)、5月5日 - 8月末日が帷子(かたびら=裏地なしの単仕立ての着物)、9月1日 - 9月8日が袷、9月9日 - 翌年3月末日が綿入れ(表布と裏布の間に綿を入れた着物)とされ、一般庶民もこれに従った。

衣替えの大事な3つのポイントとは

次のシーズンでも大事な衣類を愛用できるよう、衣替えを行う際に大切な3つのことをまとめました。

1.収納前に必ずお洗濯を

これはよくいわれていることですが、収納前に必ずお洗濯をしましょう。
ちょっと着ただけなら汚れていないし問題ないのでは?と思われがちですが、衣類には目に見えない汗やホコリが残っています。

大切な洋服にシミや黄ばみを作ってしまいますので、お洗濯あるいはクリーニングに出してからしまいましょう。

2.衣替えの日は乾燥した晴天の日に

衣替えは2〜3日晴天が続いた、空気が乾燥している日に行います。
これは、雨の日または雨の翌日は空気中に湿気が多いので、収納する衣類に湿気を取り込んでしまうのを避けるためです。

梅雨が本格的になる前に、衣替えを終わらせてしまうのがよいかもしれませんね!

3.衣替えは整理整頓のチャンス!

衣替えは、衣類の状態チェックや整理整頓ができるよいチャンス。

ほつれや穴開きなどの傷みがないかの確認や、シーズン中一度も袖を通さなかったものやサイズアウトしてしまったお子さまの洋服を整理する機会といえます。
きれいな状態の服であればお友達に譲ったり、フリーマーケットに出品したり、できるだけ無駄にしないようにクローゼットの整理ができるとよいですね。

衣替え、衣類だけでなく寝具もお忘れなく

衣替えというと衣類をイメージしますが、寝具の衣替えも大切です。
夏は特に汗の量も増えるので、湿気が布団へ移り、蒸れへと繋がります。

衣替えを境に吸湿性・通気性の高い敷きパッドに変えたり、タオルケットやガーゼケットを準備したり、寝具も夏仕様へとシフトしていきましょう!

関連するまとめ

日本の暮らしが考える、クリスマスの過ごし方

12月24日はクリスマスイブ。今日明日はご家族やお友達、仲間同士でパーティーのご予定がある方も多いのではない…

お子さまの成長に感謝しお祝いする「七五三」

11月15日は七五三です。この時期の神社では、着物に身を包んだ愛らしい姿をみかけることができるでしょう。 今…

スポーツに親しみ健康な心身を培う「体育の日」

秋は運動会・体育祭シーズンですね。校庭から聞こえる笛の音、熱い声援。 聞こえると懐かしくて思わず立ち止まって…

関連するキーワード