消費期限と賞味期限の違いって?

消費期限と賞味期限は食品を製造する会社やメーカーが独自に設定しているものです。それぞれの違い・定義をみてみましょう。

安全に食べることができる期間が「消費期限」

肉や野菜をはじめとする生鮮食品やお惣菜・調理パン・お弁当など、劣化が早いものに表示されているのが消費期限。

食品によっても異なりますが、消費期限は製造日からだいたい数日後で年月日で表示されています。
(製造日を含め品質が保たれる期間が5日以内である食品に義務付けられています)

消費期限は安全性の保証期限などともいわれ、期限が切れたものは食べずに処分することが推奨されている食品です。

おいしく食べることができる期間が「賞味期限」

カップ麺や缶詰、レトルト食品、スナック菓子など比較的劣化が遅い食品に表示されているのが賞味期限です。

賞味期限は品質を保っておいしく食べることができる期間を指し、おいしさの保証期間などといわれます。

期間が過ぎても、劣化はするものの必ずしも食べられなくなるわけではありません。
食べ物によっては加熱しお料理に使うなどするとよいでしょう。

賞味期間内の食品、開封後はどうなる?

消費期限は期限を過ぎたら、食べない方がよいということがわかりました。
それでは賞味期限内の商品、開封後の期限はどうなるのでしょうか。

期限は未開封であることが基本

期限の表示は消費期限、賞味期限どちらとも「未開封」であることが原則。
したがって、一度開封した場合は期間内であっても注意が必要です。

特にこれからの季節は気温も湿度も高く、食品の品質が変わりやすい時期ですので、開封後は基本的に早く食べきりましょう。

保存方法をしっかり守ることが大事

消費期限・賞味期限ともに定められている期限は、記載されている通りの保存方法で保管されている状態がベースとなっています。
期限内で未開封であっても、食品それぞれに定められた保存方法をしっかり守ることが大切です。

冷暗所に保存と記されている食品は風通しがよく涼しい場所を選びましょう。
また常温保存可能と書かれていても、直射日光が長時間当たるような場所や室温が40℃近くなるような真夏の室内に長い間保存することは避けた方が無難です。

期限の違いを知り、安全でおいしい食生活を!

今回は食品に記された消費期限・賞味期限の違いについておはなししました。
2つの違いや意味を正しく理解することで食品を大切にすること、そして食品の無駄を減らすことにつながります。

おいしくいただける期限を守り、安全な食生活を心がけましょう。

関連するまとめ

秋風の呼び名、いくつご存知ですか?

だんだんと日が短くなり、夕方の空気や肌に当たる風に少しだけ切なさを感じる秋。 風といえば、日本には四季折々の…

音読で日本語の良さを再確認しよう

小学生の授業や宿題でも取り入れられている音読。音読にはどのようなメリットや効果があるのでしょうか。 単に声を…

知っておきたい!羽毛布団を干す時間帯、やってはいけないこと

季節もすっかりよくなって、お布団を干すのが楽しくなる時期ですね。 おひさまの光をたっぷり浴びたフカフカのお布…

関連するキーワード