七夕は五節句のひとつ

七夕というと、織姫と彦星のロマンスを真っ先に思い浮かべるのではないでしょうか。
七夕は桃の節句や端午の節句と並ぶ五節句のひとつで、正式には七夕の節句といいます。

七夕をたなばたと読む理由は?

七夕の読みは、もともと「棚機(たなばた)」という言葉が語源になっているそう。

「棚機(たなばた)」とは古い日本の禊ぎ(みそぎ)行事で、乙女が着物を織って棚にそなえ、神さまを迎えて秋の豊作を祈ったり人々のけがれをはらうというものでした。
選ばれた乙女は「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれ、川などの清い水辺にある機屋(はたや)にこもって神さまのために心をこめて着物を織ります。そのときに使われたのが「棚機」(たなばた)という織り機です。
やがて仏教が伝わると、この行事はお盆を迎える準備として7月7日の夜に行われるようになりました。現在七夕という二文字で「たなばた」と当て字で読んでいるのも、ここから来ていると言われています。

七夕の由来とは

そこで気になる七夕の由来ですが、諸説あるものの前述の棚機の行事と、「星伝説」「乞功奠」という2つの伝説や風習が合わさって、変化しながら現代の形になったといわれています。

織姫と彦星の「星伝説」

一般的な星伝説を簡単におはなししましょう。

天の神の娘である織姫は美しい機織りでした。毎日一生懸命働く働き者の織姫の姿を見て、神は織姫に合う男性を探すことになりました。それが牛飼いである彦星です。

しかし、結婚した後は遊んでばかりで働かなくなってしまった二人。
それを見た神が怒ってしまい、天の川の東と西に二人を離れ離れにさせました。

そして年に一度の7月7日の夜のみ会うことを許され、引き離された織姫と彦星が1年ぶりに再会を果たすというあまりにも有名なお話です。

宮中行事であった「乞功奠」

乞功奠(きっこうでん)は織姫と彦星の伝説にあやかった、古代の中国に伝わる宮中の行事です。

女性が手芸や裁縫が上達するよう、7月7日の夜に針や糸などの裁縫道具を供えたそう。
それが日本で「七夕(しちせき)の節句」として日本へ。
裁縫だけでなく和歌や書道、詩のような芸能の上達を願い、梶の葉に短歌を書くようになったようです。

武家の年中行事として取り入れられていたこの行事も江戸幕府になると徐々に庶民にも広まり、
今の短冊に願い事を記し笹に飾るという日本特有の行事へと変わっていったといわれています。

2017年行われる関東の七夕まつりをご紹介!

全国各地では七夕にちなみ、大規模のものから小規模のものまで毎年お祭りが開かれます。
大きなものでは宮城県で行われる仙台七夕まつりや愛知県の一宮七夕まつりなどが有名ですね。

今回は、関東近郊で楽しめる七夕まつりを3つご紹介しましょう!

下町七夕まつり(浅草・上野)

開催:2017年7月8日(土)~9日(日)

浅草から上野にかけての河童橋本通りで毎年行われているお祭りです。
もともと玩具の問屋街ですので出店もたくさん、下町の雰囲気さながらお子さまも楽しめる飴細工や紙芝居なども。
阿波踊りや佐渡おけさといった流し踊りをはじめ、楽しいイベントが満載です。

湘南ひらつか七夕まつり(神奈川)

関連するまとめ

幸運がたくさん舞い込んでくる「冬至」

2016年も残すところあと少し。 今年の冬至は明日、12月21日です。 今回は別名「一陽来復」とも呼ばれる冬…

スポーツに親しみ健康な心身を培う「体育の日」

秋は運動会・体育祭シーズンですね。校庭から聞こえる笛の音、熱い声援。 聞こえると懐かしくて思わず立ち止まって…

12月8日は「事納め」と「事始め」

最近はあまり馴染みがなくなってしまいましたが、今日12月8日は「事納め」あるいは「事始め」の日。 古来からの…

関連するキーワード