梅はどこからきたの?

梅の起源については諸説ありますが、今から約2000年前に中国で書かれた「神農本草経」に梅の効用が記されていることから原産は中国であるという説が有力とされています。

梅が日本に伝わったのは、奈良時代に遣唐使が烏梅として中国から持ち帰ったのが始まりだそう。
烏梅というのは未熟な梅の実を干していぶしたもの。肺の組織を引き締めたり、腸の動きを活発にしたりという効用を持つ漢方薬として当時はとても重宝されたのだそうです。

同じ時期に日本に伝わった梅の木は、日本の風土気候により中国の梅とは品質の異なる、日本独自のものに生まれ変わりました。

日本での梅の歴史

日本では奈良時代、梅の実は柿やビワと同様に生菓子に加工され食されていました。
そのうちだんだん梅の効用が伝わり始め、梅を塩漬けにして保存食・食薬品として使われるようになります。

平安時代の中期には、丹波康頼が984(永観2)年に著した「医心方」に梅干しの効用が記され、鎌倉時代には梅干しが僧侶の副食品として用いられるように。

のちに徐々に武家へと広がり、武士が出陣時に縁起かつぎのために食するようにとなったそうです。

戦国時代になると、梅の効用はますます威力を発揮。
日持ちがよく携帯に便利であることから、梅が戦場に赴く時の兵糧色として用いられるようになりました。
江戸時代には庶民の間にも効用が広まり、この頃より今の梅干しに近いシソ漬けの梅や梅エキスが作られるようになったのだと伝えられています。

驚くべき梅の効用とは

このように、梅は古くより珍重されてきた食薬品ですが、ここで梅の持つ効用をご紹介します!

・唾液の分泌を良くする
・食欲増進
・下痢や消化不良、便秘の改善
・栄養の吸収を高める
・抗菌作用
・肝機能の向上
・夏バテ防止
・乗り物酔いの予防
・低体温の改善
・血圧を下げる

この他にも食中毒の予防やガン予防の効果、アレルギー体質の改善などまだまだ期待される効果がたくさん。
現代の食生活事情や健康におけるさまざな不安を予防するにあたり、梅の存在は非常に大きな存在であるといえるでしょう。

さらにすごい!梅肉エキスのパワーとは

成熟前の青梅を陶器のおろし器ですりおろした後、布で絞ったしぼり汁を長時間弱火で煮続けたものが梅肉エキス。
この梅肉エキスには、梅干しの何倍もの素晴らしい効力があるといわれています。

天然の殺菌力に加え、副作用もありません。
暴飲暴食や夏バテ、冷えによる腹痛や下痢にも効果的といわれています。
梅干しは塩分がちょっと気になるという方も安心ですね。

そのまま舐めたり、ドリンクやヨーグルトに混ぜたり。サラダのドレッシングとしても使えます!

できれば自家製が一番ですが、非常に根気のいる作業ですのでご家庭でつくるのはちょっと大変。
健康食品を扱うお店では梅肉エキスや梅肉エキスドリンクなどとして販売されていると思いますので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

驚異の梅パワーをもらってこの夏も元気に過ごそう

まさに「スーパー万能食品」と呼べるほどのパワーを持つ梅。
梅はちょっと苦手だったという方も、これほどの効用を知ったら食べずにいられなくなるかもしれませんね。

梅をはちみつと合わせたり梅シロップにしたり…と酸味をできるだけ抑える食べ方で少しずつ食生活に梅を取り入れてみてはいかがでしょうか。

今年の夏も暑くなりそうですね。疲労回復をサポートしてくれる梅パワーをもらって、今年も元気に過ごしましょう!

関連するまとめ

食べて元気に美しく!雑穀「はとむぎ」のススメ

ダイエット中の方や健康志向の方に多く好まれている雑穀。 雑穀が体によいことはよく知られていますが、その中でも…

旬をいただこう!~葉月(8月)編~

毎日暑いですね。 猛暑や熱帯夜が続くとちょっと動いただけで疲れが出やすくなるもの。 そんな時は体にこもった熱…

旬をいただこう!~長月(9月)編~

いよいよ9月。 まだまだ暑さが残っているものの、ふとした風に秋を感じる頃。 9月は食欲の秋と呼ばれ、たくさん…

関連するキーワード